オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の穴があいた銅製の谷樋に銅板をあてて修理しました!


岸和田市の雨漏り修理です。F様は以前から雨漏りに悩まされており、バケツを置くなどして対応されていましたが、「いつまでもこのままでは雨が降るたびに心配なのできちんと修理をしたい」とご相談をいただきました。
7fbb93c52ad4c341169c9fb582d05bb7-1-columns2
faff9de362dfe407ab50855be744f9ab-1-columns2
F様邸は平屋建てで以前増築されており、屋根がふたつあります。その取り合い部には谷樋(谷部分に設ける雨樋)があり、その下にある洋室と廊下で雨漏りが発生していました。谷樋を確認すると、銅製の樋に2カ所穴があいていることが分かり、応急的にですが、穴を埋めて補修することになりました。

穴があいている谷樋は、広い屋根面に落ちてきた雨水が集中する形状でしたので、劣化しやすく、どうしても雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
岸和田市の谷樋に穴があいています
F様邸の谷樋は銅板を加工して取付けられています。
銅板の樋は、約30年ほど前までは腐食しにくく長持ちすると言われて多くの住宅で使用されていました。ですが、その後、酸性雨の影響で銅が酸化して錆びつき、穴があくという劣化症状があることが分かり、錆びない塩ビ製の樋が主流になっています。
F様邸の銅板の谷樋にも穴があいていました。
岸和田市の谷樋の銅板が薄くなり穴があきます
谷樋に穴があくとそこから雨水が浸入して雨漏りしてしまいます。
先ほど、酸性雨の影響で銅板の樋に穴があくとお伝えしましたが、それだけではありません。屋根の上に落ちてきた雨水は瓦の形状に合わせて同じ箇所を流れてきますので、その雨水を受ける樋も、同じ箇所を雨水が打ち付けることにあります。その時の水の衝撃で銅板が少しずつすり減り、薄くなって穴があいてしまいます。
岸和田市の谷樋の修理に向かいます
雨漏りの原因が谷樋にあることは明らかでしたので、修理のご提案をし、さっそく工事に取り掛かりました。

銅板の谷樋は、現在空いている穴を埋めても他の箇所で同じように穴があいてしまうことから、錆に強く耐久性のあるステンレスやガルバリウム鋼板の樋に交換するご提案もさせていただきましたが、その場合、両際の瓦をめくって復旧する作業が入り、費用がかさんでしまいますので、今回は応急的になりますが、修理のほうで作業することになりました。
岸和田市の谷樋に銅板をあてて補強します
修理の内容は、共材(銅板)を小さくカットして穴があいた部分にあてて接着する方法です。
シーリングで穴を埋めることも可能ですし、作業も簡単ですが、穴があいている箇所の周囲は銅板が薄くなっていますので非常に穴があきやすい状況です。そのため、穴を埋めてもまたすぐに穴があく危険性がありますので、銅板を重ねて密着させ、穴を塞ぎつつ厚みも確保するご提案をさせていただきました。
岸和田市の谷樋をブラシで掃除します
修理する前に谷樋の中をブラシできれいに掃除します。
砂などがある状態で銅板を貼ると、間に砂が挟まってうまく密着しないですし、後の不具合の原因になってしまうからです。
街の屋根やさん岸和田店は修理後も責任が持てるきちんとした方法で作業していますのでご安心ください。
岸和田市の谷樋の穴にプライマーを塗布します
樋の中をきれいに掃除してから、穴周りにプライマーを塗布します。
プライマーとは接着効果のある塗料です。この上に充填するシーリングをしっかりと密着させるための工程です。
岸和田市の谷樋の穴周辺に塗布しました
穴周りにプライマーを充填しました。
プライマーを塗ると、シーリングの早期剥離を防ぐことができます。
岸和田市で使用する銅板にシーリングを充填します
続いて、小さくカットした銅板にシーリングを充填し、穴の上に重ねて密着させて固定します。これで穴が塞がります。
岸和田市の谷樋に貼った銅板の上からもシーリングを充填
上張りした銅板と谷樋との取り合いから雨水が染み込む可能性がありますので、上からもシーリングを充填してしっかりと防水します。
岸和田市の谷樋に充填したシーリングをコテで均します
シーリングが盛り上がりすぎていると、雨水が溜まったり流れが悪くなる可能性がありますので、シーリング充填後、コテで平らに均しました。
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
雨漏り修理に伴う谷樋の穴あき箇所の補修が終わりました。
穴があいている部分だけでなく、銅板が薄くなっている箇所の雨水が打ち付ける位置に銅板を貼って補強させていただきました。これで雨水が落ちてきても銅板が二重になり厚みがありますので、しばらくは穴があく心配がありません。

銅は、月日とともに緑青という緑色に変化していきます。銅製の樋はこのように修理を繰り返しながらその過程を愉しむことができますが、毎回修理をするのは費用的にも大変ですので、塩ビ製の樋に交換される方も増えてきています。今後の生活設計に合わせて、銅修理するかご検討されている方がおられましたら、いつでも街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。
岸和田市の雨水が抜ける屋根のトンネルが詰まっています
事前の調査で気づいたのですが、屋根の雨水が抜ける通り道である「トンネル」部分が詰まっていました。この部分は今発生している雨漏りとは関係ありませんが、トンネルが詰まると雨水が滞在し、劣化を早めたり雨漏りの原因になりますので、この機会に掃除させていただきました。
岸和田市の屋根のトンネルに枯れ葉や土がたくさん詰まっていました
トンネルには枯れ葉や土がたくさん詰まっていました。
岸和田市の屋根のトンネル修理完了
掃除後の様子です。これで雨水が溜まることなくきちんと排出されます。
岸和田市の樋が詰まっています
同じく、軒樋(横方向の雨樋)も詰まっていました。
雨が降っていないので完全に詰まっているかはわかりませんが、このままでは水の流れが悪くなりオーバーフロウ(水が溢れること)を起こしてしまいますので、掃除しました。
岸和田市の樋清掃完了
掃除後、きれいになった樋です。
近くに背の高い木があると、落ち葉の時期に枯れ葉が飛んできて樋が詰まりやすくなります。樋が詰まって雨水が溢れると、外壁などに雨水があたって劣化を進めることになりますので、雨が降った時に定期的に確認するといいでしょう。
岸和田市の樋の中にも枯れ葉や土がたくさん詰まっていました
樋の中にもたくさんの枯れ葉や土が詰まっていました。

街の屋根やさん岸和田店は樋の清掃のみのご相談も承っております。2階部分など、高い位置にある樋をご自身で掃除するのは大変危険ですので、お困りの方はお気軽にお問い合わせくださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

街の屋根やさんの無料点検

和泉市の屋根点検の様子をご紹介します。「台風で瓦が何枚か落ちて、割れているところもあるし、ズレているところもあるんです」とのご相談をいただき、屋根を点検して修理のお見積書をお預けすることになりました。

岸和田市の雨漏りのご相談

岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。屋根を確認すると、母屋と増築部の取...........

泉南市の雨樋などのご相談

泉南市にお住いのY様より「台風で雨樋が割れて、ベランダの屋根も飛んだんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に数社の業者に相談されたそうですが「混みあっているので」と、取り合ってもらえず、1年程様子を見られてから街の屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747