熊取町のパラペットで囲われたスレート屋根を塗装し美しい屋根に


熊取町の屋根塗装です。
T様邸は台風の強風で屋根のパラペット(立ち上がり壁)の天端の仕上げの笠木板金が浮き上がり変形してしまいました。現地調査の時にパラペットで隠れて下からは見えないスレート屋根を点検すると、スレートが劣化してひび割れが多数発生していました。スレートは薄くて平らな屋根材で、劣化が進むと反りや割れなどの症状が出てきます。そういった劣化から守るために、定期的な塗り替えをお勧めしています。スレートが割れた状態で上から塗装すると、また割れてきますので、先にコーキングで補修してから塗装させていただきました。
熊取町の屋根を塗装します
T様邸はスレートの屋根で、建物のデザインで屋根の周囲がパラペットで囲われていました。下からはまったく屋根が見えないので、傷んでいる様子が分かりませんが、上がってみるとスレートの割れが多数発生していました。スレートはもともと雨水を吸い込んでしまう性質があり、塗装により耐水性を持たせているのですが、塗膜が傷んで薄くなると、水分を含んでしまい、乾燥するを繰り返して反りや割れが発生します。定期的に塗装してあげると屋根の表面が新しい塗膜で覆われるので、水を弾いてくれて劣化症状を遅らせることができます。
熊取町の屋根を洗浄
スレートは1枚1枚釘留めされていますので、割れたスレートを差替えるよりも今回はコーキングを充填して補修する方法をとりました。スレートの劣化が進んで反りがひどかったり、割れている箇所が多いときは塗装によるメンテナンスができない場合もあります。

屋根を塗装する前に、汚れや剥がれてきている古い塗膜を高圧洗浄できれいに洗い流します。塗装面に汚れがついたまま塗装すると、塗膜がうまく密着せず剥がれてくる危険性があるため必ず洗浄します。
熊取町の屋根にタスペーサーを挿入
熊取町の屋根の縁切り
スレート屋根の塗り替えでは「縁切り」という工程があります。スレート同士には下端に隙間が空いているのですが、上に塗料を塗り重ねると、その隙間が塗料で塞がってしまいます。そうすると、毛細管現象(細い隙間に水分が吸い込まれる現象)を引き起こして雨漏りする危険性があります。塗料で埋まった隙間を切る作業のことを「縁切り」と言います。
最近では「タスペーサー」という便利な縁切り部材があり、それを塗装する前にスレートの間に差し込むことで隙間を確保し、塗料で埋まるのを防いでくれます。
熊取町の屋根を丁寧に下塗りします
高圧洗浄の水分をしっかりと乾燥させてから屋根の塗装を行います。
まずは下塗りです。下塗りとは塗装面と上塗り塗料の間に塗る塗料のことで、上塗り塗料をしっかりと密着させるための工程です。劣化したスレートは水分を吸収してしまいますので、吸い込みを止める効果がある下塗り塗料で塗装しました。
熊取町の板金部分も下塗り
T様邸の屋根は周囲にパラペットがあり、屋根との取り合い部から雨水が浸入しないように壁際水切りという板金を取付けています。この板金も塗装してあげると美観性も高まりますし、長持ちしますので一緒に塗装します。屋根と同様に板金も丁寧に下塗りします。
熊取町の屋根を中塗りから色付けします
下塗りで、塗装面の吸い込みを止めてから中塗りします。
塗装面が水分を吸い込む状態のまま上塗り(中塗り)してしまうと、せっかく塗った塗料が吸い込まれて表面に出てくる塗膜が薄くなってしまいます。
中塗りと上塗りで、お好みの色に色付けして塗装します。
熊取町の屋根を上塗りで色を塗り重ねます
中塗りを乾燥させてから上塗りすることで塗膜が二重になり、厚膜に仕上がります。塗膜は薄いよりも厚い方が丈夫で長持ちします。また、同じ色を塗り重ねることで塗りムラなくきれいに仕上がります。
熊取町の屋根の取り合い部分は刷毛で塗装
板金の取り合いなどの細かい部分は刷毛を使用して丁寧に塗り込みます。
屋根は高い位置にありますので、細かい部分まで見えないですが、隅々丁寧に塗装させていただきます。
熊取町の屋根塗装完了
下塗り・中塗り・上塗りで屋根塗装完了です。
ひび割れをきちんと修理してから塗装したので安心です。
スレートの劣化を放置するとどんどん傷みがひどくなり、最悪の場合葺き替えないといけない事態に陥り、費用がかさんでしまいますので、定期的に塗装しましょう。

この工事の現場ブログ

熊取町のパラペットで囲われた屋根です

2019/12/26/ 熊取町のパラペットの笠木板金と割れた化粧スレートの補修

熊取町の台風被害に遭った屋根の補修です。T様邸は建物の外観上、屋根の周囲にパラペットという立ち上がり壁を設置している形状で、そのパラペットの上部の笠木板金が台風の強風で浮き上がってしまいました。パラペットで囲われていて下からは見えない屋根も...........

熊取町の台風被害のご相談

2019/12/25/ 熊取町の台風被害箇所の調査で笠木の浮きやスレートの割れが発生

熊取町の台風被害箇所の現地調査です。「台風で屋根の板金が浮いているのを見つけた」とのことでご連絡をいただきました。

熊取町の屋根を塗装します

2019/12/27/ 熊取町のパラペットで囲われたスレート屋根を塗装し美しい屋根に

熊取町の屋根塗装です。T様邸は台風の強風で屋根のパラペット(立ち上がり壁)の天端の仕上げの笠木板金が浮き上がり変形してしまいました。現地調査の時にパラペットで隠れて下からは見えないスレート屋根を点検すると、スレートが劣化してひび割れが多数発...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の風雨被害の現地調査

岸和田市のM様より台風被害箇所のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は青い釉薬瓦の屋根で、数カ所で瓦のズレが発生していました。また、漆喰の剥がれもいくつか見受けられたので、漆喰工事と、飛散した瓦を復旧し、ズレを戻してコーキングで...........

阪南市の風雨被害のご相談です

阪南市のK様より「2年ほど空き家にしている家が、台風で屋根に被害が遭ったんです。処分しようと思っていたんですが、瓦が落ちてお隣の家に迷惑をかけているので、とりあえず修理しておこうと思っています」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

阪南市の貸しガレージの雨漏りのご相談

阪南市のシャッター付きの貸しガレージの雨漏りの現地調査です。このガレージは屋根と壁にトタンを張っていて屋根の骨組みは木造です。経年劣化でトタンの塗膜が剥がれて錆が発生し穴があいて雨漏りしていました。また、台風の強風で屋根全体が持ち上がり、束...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747