オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南郡岬町の洋風セメント瓦とモルタル外壁の塗装の現況などをご紹介


泉南郡岬町の屋根・外壁塗装前の現況
泉南郡岬町のT様は、以前街の屋根やさん岸和田店が主催したイベントにご来場いただいたことがきっかけで、外壁と屋根の塗装をされることになりました。約20年間塗装していなかったこともあり、屋根や外壁の劣化が見られたので、きちんと補修してから塗装します。
泉南郡岬町のチョーキングを起こした外壁
T様邸の外壁はモルタルの塗り壁です。
モルタルの外壁は、セメント・砂・水を混ぜて作った材料で施工した外壁のことです。セメントと言うと頑丈に思いますが、実はモルタル自体の防水性能は低いんです。ですので、外壁の表面に塗装をして防水性をもたせています。その表面の塗装が劣化してくると、少しずつ水分を吸収し、いろんな症状が出てきます。
写真はチョーキング(劣化して粉状になった塗膜が手に付く現象)を起こしている様子で、塗装時期のサインとも言える状態です。
泉南郡岬町の外壁のクラック
モルタルの外壁の劣化の症状としてクラック(ひび割れ)があります。T様邸の外壁にも数か所クラックがありました。

モルタルの外壁は色んな壁の形状に対応でき、お好みで仕上げられるので外壁の表情を豊かにしてくれます。ですが、経年劣化でどうしてもひび割れが起こってしまうのが難点です。大きなひび割れを放っておくとそこから雨水などが浸入し、壁内に水が回ると家の構造を傷めたり、雨漏りに繋がることがあるので、きちんと補修することをお勧めします。
泉南郡岬町のモルタル壁の誘発目地のひび割れ
壁にクラックができる理由は、地震などの揺れや建物に掛かる負荷によって生じる力に建物が付いていけず、その力が掛かった(逃げた)箇所にクラックが発生します。ですので、あらかじめ力の逃げ道を作ってあげることでクラックの発生を少なく抑えることができます。その逃げ道のことを「誘発目地」といいます。写真は誘発目地の部分が割れている様子で、ここにひび割れができるのは正解なのです。ですが、誘発目地が割れるとそこから水が浸入するので、その場合は目地にシーリングを打ち補修します。
泉南郡岬町の外壁目地の劣化
T様邸は以前雨漏りをされて、その時に一部の誘発目地にシーリングを充填して補修をされたそうです。その部分のシーリングが劣化してボロボロになっていたので、既存のシーリングを一度撤去してから打ち直します。
泉南郡岬町の錆ついた庇
窓の上の金属の庇は経年劣化でサビが発生していました。
金属は一度サビつくと、どんどん広がってしまうので、今回、サビを落としてから塗装します。
泉南郡岬町の白サビが発生した雨戸
雨戸も白い斑点ができて汚れが目立っていました。
外壁がきれいになると、雨戸などの汚れがとても目立ってしまうので同時に塗装します。
泉南郡岬町の劣化した雨樋
雨樋も経年で色褪せて古びた印象でした。
雨樋は古くなると固くなって割れやすくなるので、塗装してあげると表面がコーティングされてまた長持ちします。
泉南郡岬町の変形・変色した波板
長年使用してきたテラス屋根の波板は、変色・変形が見られたので、この機会に一新するため張り替えることになりました。
既存の波板は塩ビ製で、熱に弱く劣化で割れやすい材質です。現在は改良された強くて耐久性のあるポリカーボネート製のものが主流ですので、そちらに張替えます。
泉南郡岬町の洋風瓦の現況
T様邸の屋根は洋風のセメント瓦です。
セメント瓦の色付けは、表面を塗装する方法と、顔料をセメントに練り込んで形成する方法があります。T様邸は塗装をしている瓦で、全体的に劣化して塗膜がめくれてきていました。
泉南郡岬町のセメント瓦現況
セメント瓦が雨や紫外線などで劣化すると、塗膜が剥がれてきます。塗膜が剥がれて表面がザラザラとしてきたら、瓦自体が脆くなって来ている状態ですので、少しの力で割れてしまいます。塗装をしても耐久性は落ちたままですので、できるだけ早い段階で塗装することをお勧めします。

泉南郡岬町のテラス屋根のパネル仮撤去
塗装工事で使用する足場を建てる時に、足場の単管を建てる位置に二階のテラス屋根が干渉してしまうので先に屋根パネルを仮撤去しました。
泉南郡岬町の仮設足場の設置
塗装工事を安全・スムーズに、そして丁寧な仕事を行うため足場を建てます。
次は外壁のクラック補修をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747