オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

阪南市の雨漏り修理に伴うベランダの波板張替え工事


阪南市でテラスの波板の張替工事を行いました。

I様邸は木造・2階建ての住宅です。
台風で事務所として使っている1階のお部屋の天井に雨漏りが発生し、
街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。



台風直後、ベランダをご自身で応急処置すると雨漏りが止まり、お仕事も忙しかったとのことでそのまま様子を見られていたそうですが、火災保険の請求期限が迫ってきたので、きちんと修理することになりました。


ご存じでしたか?火災保険には請求期限があります!
↓↓↓↓


阪南市のテラスの波板がほとんど飛ばされています
I様邸のテラスの現況です。

台風の強風で波板がほとんど飛ばされてしまいました。

このようにテラスの波板が無くなってしまうと、ベランダに雨水が直接入り、劣化している部分から雨漏りする危険性があります。

実際に「テラスの波板が飛ばされてから雨漏りするようになった」とのご相談がよくあります。

波板張替え
●● 街の屋根やさん岸和田店はテラスやバルコニー、カーポートの波板の張替のご相談も承っております ●●

「テラスの波板が飛ばされたので洗濯物を干す時に不便」
「テラスの波板がバタついて心配」

等、お困りの方はこちらごご覧になって下さい!
↓↓↓↓

阪南市のガラスネット入りの波板です
I様邸の波板はガラスネット入りの塩ビ波板です。

●● 塩ビ波板とは ●●

塩ビ波板とは、塩化ビニール製の波板のことです。
加工がしやすく安価なため、昔は多く使用されていましたが、経年で割れやすくなるため長期での使用には向いていませんでした。
ガラスネット入りの塩ビ波板はガラス繊維を入れて補強した波板で、普通の塩ビ波板よりも耐久性がありますが、劣化が進むと同じように割れやすくなります。

阪南市の波板を張り替えます

I様邸は塩ビ波板よりも耐久性がある「ポリカ波板」に張り替えます。

●● ポリカ波板とは ●●

ポリカ波板とは、ポリカーボネート製の波板のことです。
ガラスの約200倍塩ビ製よりも約20倍の強度があると言われています。
衝撃に強く、耐用年数が長いことから屋外の小屋の屋根や壁、テラスやカーポートの屋根に使用されています。

阪南市のテラスの桟木を補強します
I様邸のテラスは木製で、桟木が細く少し心細い印象を受けました。

●● 桟木とは ●●

テラスにおける桟木とは、波板や屋根材を止めるために屋根の上に横方向に渡した角材のことです。

桟木が細く頼りないと波板をしっかりと固定していても、強風が吹いた時に桟木と一緒に飛ばされる可能性があるため、太い桟木を添えて補強することになりました。

波板張替え工事の様子

阪南市のテラスにポリカ波板を張りました
既存の波板を剥がしてポリカ波板を張りました。

色はブロンズです。

ポリカ波板は衝撃に強く耐久性があるだけでなく、透明度が高いので、屋根の下が明るくなります。
また、塩ビ波板に比べて紫外線による変形や変色も少ないので安心です。



阪南市で使用したポリカ座金が付いた木下地用のビスです
ポリカ波板を固定しているのは、木下地用の波板ビスです。

I様邸のテラスは木製ですので、木下地用のビスや釘を使用しないといけません。
本体がアルミ製の場合は、フックになります。

波板ビスにはポリカ座金が付いていますので、塩ビよりも破損しにくく、波板の形状にピッタリと合い、しっかりと固定することができます。

阪南市のテラスの壁際にシーリング充填

テラスの波板と外壁との取り合いから雨水が入らないように、壁際にシーリングを充填しました。

このシーリングがないと、吹き降りの雨の時に壁際から雨水が流れてきてしまいます。

また、シーリングを充填することにより、波板が補強されますので、風で飛ばされにくくなります。

阪南市の波板をふた山半以上重ねないといけません!

◇◆ 波板を張り替える時の注意点 ◆◇

波板の張り替える時は、波板の「重ね代」に注意しましょう。
重ね代がふた山半以上になるように施工しないと、継ぎ目から雨水が入ってしまいます。

また、アルミ製のテラスでフックで固定する際は、フックの長さが合っていないと波板がバタついたり、固定しにくくなります。

阪南市のテラスを太い桟木で補強しました
I様邸のテラスは木製で、桟木が細く強度的に心細かったので、太い桟木を添えてしっかりと補強しています。

新しい波板は補強で使用した桟木に固定していますので、以前よりも丈夫になりました。

阪南市のテラスの樋を支えている針金が切れています
テラスの軒樋(横方向の雨樋)が飛ばないように針金を通して固定されていましたが、経年劣化で錆びつき、何カ所か切れていました。

このままでは強風で樋が飛ばされる可能性があったので、錆に強い銅線で固定しなおすことになりました。
阪南市のテラスの樋を太い銅線で樋を固定
樋の大きさに合わせて銅線をカットして使用します。

針金は錆びつくと切れやすくなるため、錆に強い銅線を採用しました。

このように、以前よりも耐久性や防水性が強くなるようにご提案しています。

阪南市のテラスの樋の受け金具に銅線を引っ掛けて樋を固定

樋の大きさに合わせてカットした銅線を、樋の受け金具に引っかけて、樋の上をまたいで固定します。

樋の上を通していますので、風で樋が外れるのを防ぐことができます。

受け金具すべてに銅線をくくり付けてきちんと補強しました。

阪南市の現場をきれいに掃除して完了です

●● 工事完了後はきれいに清掃します ●●

工事中は解体したものや木くず、ホコリなどがたくさん出ます。

街の屋根やさん岸和田店は、工事完了後にお客様が不快な思いをされないように現場を含めて周囲を清掃しています。

工事の品質はもちろん、細かいところまで気を配れるよう心掛けていますが、何かお気づきのことがあればお伝えいただけると勉強になりますので、アドバイスいただけると有難く思います。





街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください

◇◆ ご相談・お問い合わせは電話でもメールでも大丈夫です。
まずはお気軽にお声かけくださいね。

「初めて相談するので、どう説明したらいいか分からない」
という方へ ↓↓↓↓

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください

和泉市で行ったベランダのウレタン防水工事の様子をご紹介します。K様邸は鉄筋コンクリート造の2階建ての住宅で、1階と2階のお部屋で雨漏りしていました。1階で発生した雨漏りを止めるために真上に設置されているベランダを防水するご提案をさせていただ...........

和泉市のベランダの汚れをデッキブラシで掻き出します

和泉市の皆さま、いつも街の屋根やさん岸和田店の現場ブログをご覧いただきありがとうございます。皆さまのお家にはベランダが設置されていますか?そのベランダは定期的にメンテナンスされていますか?ベランダは外部に設置されていますので、防水処置しない...........

和泉市の雨戸枠の取り合いのシーリングを打ち替えます

和泉市にお住いの皆さまこんにちは!皆さまは「シーリング」のことをご存じですか?シーリングは水回りや防水が必要な箇所で使用する防水材のことで、コーキングとも呼ばれています。シーリングはお住いの様々な箇所で使用されていますが、この記事では和泉市...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747