熊取町で雨漏りが発生しベランダの防水が傷んでいました


熊取町で「台風でベランダの波板がすべて剥がれてしまったんです。そして、以前からなんですけどベランダの下の部屋に雨漏りしているのでみてもらえませんか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
熊取町の雨漏りの調査
熊取町の1階の和室の天井に雨漏りしています
雨漏りしているのはベランダの下にある1階の和室で、天井の数か所に雨染みができていました。
以前から少し雨漏りしてたそうですが、台風でひどくなったとのことです。
熊取町の和室の柱や壁まで伝っています
天井から出てきた雨水は柱や壁まで伝って、雨漏りの跡を残していました。
雨が降った時にポタポタと雨水が落ちてくると雨漏りに気づきやすいですが、ふと見上げた天井に雨染みがあって、いつから雨漏りしていたのか分からない・・・というケースもあります。
熊取町のベランダの波板がほとんど飛散しています
雨漏りしている和室の上にあるベランダを調査すると、ベランダ全体を覆うくらいの大きなテラス屋根の波板がほとんど飛散していました。これでは雨が直接ベランダに落ちて、傷んでいる箇所から雨漏りする可能性が高くなってしまいます。
このまま放置すると、ベランダの劣化を加速させてしまいますのでこの部分の波板は、長持ちするポリカーボネート素材の波板に張り替えるご提案をさせていただきました。
熊取町のベランダが傷んでいます

N様邸のベランダは、防水層の上に保護モルタルを敷いている形状でしたが、ひび割れが発生し、全体的に傷んでいました。
屋根があると、雨が入る量を抑えることができるので、雨漏りのリスクが低くなりますが、どちらにせよ雨漏りが止まることはありません。
熊取町のベランダの床が割れています

ベランダの床にはこのように大きなひび割れがいくつか発生していました。
先ほどお伝えしましたが、N様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状です。防水層は字の通り水分を通さないようにするための層で、保護モルタルはその防水層を守っている部分のことです。
保護モルタルが傷んで割れると、下にある防水層の劣化が進み、雨漏りしてしまいます。
熊取町のベランダの目地も割れています
ベランダの床の目地もひび割れていました。

先ほどの理由から、やはりベランダの劣化が雨漏りの原因である可能性が高いので、ベランダの防水改修をご提案させていただきました。
熊取町のベランダの立ち上がりの壁も割れています
立ち上がりの壁にもこのようなひび割れがいくつかありました。
窓周りや立ち上がりの壁から雨水が浸入したケースも多くございます。
熊取町のベランダの笠木も割れています
N様邸のベランダの手すりの笠木(手すりや腰壁の上部の仕上げ材)はモルタル塗り仕上で、雨水が浸透しやすい形状でした。更に、テラスの支柱の根元付近にひび割れが発生しており、雨漏りの危険性がありました。
この笠木部分の劣化が原因で雨漏りすることもありますので、防水性の高い材料(ガルバリウム鋼板など)で包むことも視野に入れたほうがいいでしょう。
熊取町の屋根に異常はありませんでした
台風後、屋根を点検されていないということで、念のため確認させていただきましたが、幸い屋根に問題はありませんでした。

雨漏りを放置し続けると建物の木部を腐食させたり、カビの発生で健康を害したり様々な問題が発生しますので、必ず修理しましょう。
街の屋根やさん岸和田店は、雨漏り調査や修理など承っておりますので「雨漏りが止まらない」「たまに雨漏りする」などお困りの方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました...........