オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の耐震工事に伴う屋根葺き替えでコロニアルグラッサを使用


岸和田市の屋根葺き替え工事で今回は、新しい屋根材、カラーベスト、コロニアルグラッサの施工の様子をご紹介します。
T様邸は和瓦で屋根に土が載っていました。耐震診断をして、耐震工事を行うことになり、その中に屋根の葺き替えが含まれています。
岸和田市の軒先水切りを取付けました
屋根にのっていた瓦と葺き土を撤去し、新しい屋根の野地板を上張りしてゴムアスルーフィングを敷いてしっかりと防水しました。その後、各水切りを取付けて屋根材を葺く準備完了です。
写真は軒先水切りを取付けた様子です。
軒先水切りとは、軒先から雨水が浸入するのを防ぐ金物です。ルーフィングの上に取付けると万が一屋根材の内側に雨水が入った時に雨水を受けてしまいますので必ずルーフィングの下に取付けないといけません。
岸和田市の谷樋を取付けました
谷樋も取付けました。
谷樋とは屋根の谷(へこんでいる部分)に取付ける雨樋のことです。
谷樋は二つの屋根面からの雨水を受けて流す水路のようなものですので、劣化しやすい箇所と言えます。
以前は銅板の谷樋だったので、酸性雨などの影響で穴が開いて雨漏りする危険性がありましたが、新しい谷樋はガルバリウム鋼板という錆に強くて耐久性のある板金ですのでご安心ください。
岸和田市で使用するケイミューのコロニアルグラッサ
新しく使用する屋根材はケイミュー株式会社のカラーベスト、コロニアルグラッサです。
厚みが5ミリ程度の板状の屋根材で、土葺きの屋根から葺き替えることで重量が約半分ほどになり、屋根の軽量化を図れます。
屋根を軽くすることで、建物の重心が下に下がり、揺れた時の「減震効果」が得られます。例えば、頭が重い赤ちゃんが安定しないのと同じで、建物の高い位置を軽くすると揺れの影響が少なくなります。
岸和田市の屋根の軒先から順にコロニアルを釘留めします
既存の屋根は、葺き土により固定していましたが、コロニアルグラッサは釘留めにより固定します。
雨水が屋根の内側に入らないように、軒先から順に上に重ねながら釘留めしていきます。
棟(屋根のてっぺん)から順に軒先方向に重ねて葺くと、雨水が内部に入りますので、ルーフィングを劣化させて雨漏りしたり、野地板が腐食するなど様々な問題が発生します。
基本的なことですが、とても重要な部分です。
岸和田市の屋根の谷樋を覆うように屋根材を葺きます
先ほどもお伝えしましたが、谷樋は雨水を受けて流す雨樋です。谷樋がむき出しのままだと際から雨水が入ってしまいますので、中央に隙間をあけて谷樋を覆うように屋根材を葺かないといけません。
また、雨水がスムーズに流れるように谷樋の形状に合わせて屋根材をカットしながら葺きます。
岸和田市の屋根の棟の際は屋根材をカットして葺きます
棟は二つの屋根面が合流する山状の頂点部分です。
屋根面同士の取り合いになり必ず隙間ができるのですが、できるだけ隙間が少なくなるように屋根材をカットしながら葺きます。

岸和田市の棟に貫板を取付けました
棟に発生する隙間がそのままだと、雨水が屋根材の内側に入ってしまいますので、きちんと雨仕舞(雨水が内部に浸入しないように処置すること)します。
谷樋と同様に錆に強いガルバリウム鋼板で覆うのですが、先にその下地になる長い下地板(貫板と言います)をそれぞれの屋根面に取付けました。
岸和田市の棟に板金を被せて固定します
続いて、ガルバリウム鋼板を加工してつくった板金を貫板に取付けます。
屋根材を固定している釘は上に葺く屋根材の下に隠れている状態なのですが、これは釘頭から雨水が浸入しないように考えられているのです。棟の板金も、屋根に直接取付けず、貫板に向かって横から釘留めすることで雨水が入りにくくなるよう工夫されています。
岸和田市の棟のかき合い部分は板金を加工します
棟同士がぶつかる部分を「かき合い」と言い、どうしても複雑な形状になってしまいます。
できるだけ隙間が少なくなるように、また、見た目もきれいに仕上がるように板金を合わせてその場で加工しながら取付けます。
岸和田市のかき合いの継ぎ目はコーキングで処理
かき合い部分は複雑な形状ですので、きちんと雨仕舞しないといけません。
継ぎ目から雨水が入らないように、最後にコーキングを充填して防水します。
岸和田市の葺き替えで軽くて丈夫な屋根になりました
屋根材を葺き、各板金を取付けて屋根の葺き替え完了です。
耐震診断は、強い地震が発生した時に建物が倒壊する危険性を調べて診断し、数値(評点)で表すことで、改修によりその評点を既定の数値まで上げることが耐震工事です。重い屋根から軽い屋根に葺き替えることで、耐震診断における評点が上がります。評点を上げるための工事を行うと、強い地震の揺れで建物が倒壊する可能性が低くなります。

街の屋根やさん岸和田店は、耐震診断士による耐震診断も承っております。

次は、瓦葺きの庇を板金に葺き替えた様子をご紹介します。





岸和田市で金属屋根からコロニアルグラッサに葺き替えた事例もございます→こちらをクリック!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町の納屋の波型スレートの屋根葺き替え工事

忠岡町の納屋の波型スレートが破損
忠岡町の破損した納屋の波型スレートを張り替え
工事内容
屋根葺き替え
台風
使用素材
波型スレート(大波)・役物・傘釘・雨樋
築年数
約25年
建坪
約3坪
保証
3年
工事費用
約19.6万円(税込・雨樋交換費用含む)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市でセメント瓦からコロニアルグラッサに葺き替えました!

和泉市の屋根を葺き替えます
和泉市の屋根葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
台風
使用素材
コロニアルグラッサ・野地板・ガルバリウム鋼板・水切り・ポリカ波板他
築年数
約26年
建坪
約18坪
保証
10年(メーカー色保証)
工事費用
足場費用・23.5万円 屋根葺き替え費用・・199.5万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水切りについて

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。皆さまは「水切り・みずきり」という部材のことをご存じですか?水切りは屋根や建物の至る箇所に取り付けられています。この記事では、屋根葺き替え工事を行った和泉市M様邸の事例を参考に「水...........

和泉市の屋根葺き替え工事のポイント

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。先日より和泉市M様邸の屋根葺き替え工事の様子を各工程ごとにこの現場ブログでお話しています。1.(和泉市の屋根は塗り替え?葺き替え?どっちがいいの?)2.(和泉市の屋根葺き替えで瓦の...........

和泉市で使用する屋根の野地板について

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今日は春のような気候で、各現場の作業もスムーズに進んでいます。外部の工事は天候に左右されるので、晴れの日が続くと安心ですね!さて、この記事では先日よりご紹介している和泉市の屋根葺き...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747