岸和田市で地震と大雨の影響で外壁の一部が落下したとのご相談です!


岸和田市の外壁の一部落下で現地調査です
岸和田市にお住いのO様より「先日の地震と大雨の影響で外壁の一部が落下してしまったんです。部分的な修理になりますがお見積りをお願いできますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました

ここ最近、強風で足場が倒壊したり、看板や壁が落下するといったニュースをよく見ます。
外壁などが落下した時に、下に人がいて、もしも落下物が当たったら大変なことになってしまいます。
O様邸は二階建ての住宅で、二階の屋根の軒天井の一部(黄色い点線部分)が落下していました。外壁はモルタルの塗り壁ですので、上の方で落下するとモルタルですので重量があり危険です。
岸和田市の軒天井が一部剥離しています

2階のベランダに上がらせていただき、落下している軒天井箇所を近くで確認しました。
下からでも落下箇所は見えますが、近くで見ると破損状況をきちんと確認できます。
修理のご提案をする時に、ただ穴を塞げばいいと言う訳ではなく、また同じような状態になることのないようにしっかりと補強・復旧しなくてはいけません。
そのためにも詳しい現地調査が必要なのです。

岸和田市の屋根の鼻隠しも剥がれてきています

よく見ると、ベランダのテラス屋根の上部分まで破損個所がありました。
軒天井が四角くきれいに剥がれ落ち、下地の木部がむき出しになっています。そして、鼻隠しが割れて剥がれてきていました。
鼻隠しとは、屋根の軒先に取付けられた板のことで、この板に雨樋を固定します。
岸和田市の軒天井が樋の受け金具ごと落下していました
落下物を保管しているとのことで見せていただくと、鼻隠しが樋の受け金具ごと剥がれていました。
手のひらくらいの大きさですが、高い位置から落下してぶつかるとかなりの衝撃になるでしょう。
岸和田市の落下した軒天井板に水が廻った形跡があります
落下していた軒天井の裏側を見ると、水が廻った跡が残っていました。
モルタルにヒビが生じ、そこから雨水が浸入して下地の板を腐食させて、下地と一緒に落下したようです。
雨が入るような外壁のひび割れを放置すると、このように外壁の落下にまで発展する可能性がありますので注意が必要です。
岸和田市で足場を建てて軒天を修理するご提案です
今回は二階の屋根の軒天井の修理ですので、梯子での作業は作業効率が悪くなり、仕上がりにも影響し、危険も伴います。ですので、一部作業用の仮設足場を建ててから修理するご提案となりました。
落下した部分だけ復旧するのではなく、水が廻って傷んでいる可能性のある周辺の軒天井・鼻隠しも撤去して下地から交換します。また同じ症状が発生しないようにきちんと修理しないと安心できませんので、この方法でのご提案をさせていただきました。

先日発生した地震に続いて大雨の影響で、岸和田市近辺でも屋根の瓦が落下したり、外壁のひび割れや、雨漏りのご相談も多くございます。「あれ?なんかおかしいな」とお気づきのことがございましたら、まずは街の屋根やさん岸和田店の無料点検をご利用ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。