オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の屋根にケイミューのコロニアルグラッサを葺きました


忠岡町の屋根葺き替え工事で前回、新しい屋根の水切り板金の取付などをご紹介しました。今回は、カラーベスト、コロニアルグラッサの施工をお伝えします。
T様邸は台風21号で屋根の瓦が割れるなどの被害に遭い雨漏りも発生しました。今後発生するかもしれない地震や台風のことを踏まえて、軽い屋根材に葺き替えることになりました。
忠岡町の屋根に谷樋を設置
既存の瓦屋根を解体・撤去し、下地の野地板を張ってルーフィングで防水後、各水切り板金を取付けました。(詳しい施工の様子は下のリンクよりご覧になってください)

続いて屋根材を葺いていきます。
忠岡町で使用するコロニアルグラッサです!
T様邸で使用する屋根材はコロニアルグラッサです。

コロニアルとは化粧スレートのことで、住宅用の屋根材の商品名の一つです。
ケイミュー株式会社の屋根材の中で、「カラーベスト」というブランドがあり、その中に「コロニアル」があります。


忠岡町の屋根材を並べて配置
コロニアルを屋根全体に広げて配置しました。

化粧スレートはセメントと繊維などを混ぜて圧縮成形した屋根材で、厚みが役4.5mmほどしかありません。そのため、他の屋根材よりも比較的軽量です。阪神大震災のような大地震が発生した時に、建物の倒壊のリスクは建物の重量やバランスなどが影響してきますが、屋根を軽くすることで重心が下がり、重い屋根よりは安定します。
忠岡町の屋根の軒先から順に釘留めします
先ほどもお伝えしましたが、コロニアルは厚みが薄い板状の屋根材です。大きさの決まった屋根材を割り付けし、軒先から順に重なり代をとって1枚1枚釘留めして葺いていきます。
1枚につき2カ所で釘留めします。
忠岡町のケラバは水切りの間に差しこみます
屋根の端のケラバ部分に施工する際は、先に取付けたケラバ水切り(屋根の三角になった端の部分から雨水が入らないように取付ける板金)の間にコロニアルを差し込んで固定していきます。
忠岡町の谷樋の際は屋根材をカットして使用
先に取付けた谷樋(屋根の谷部分の雨樋)の際は、雨水が樋に流れ落ちるように形状に合わせてコロニアルをカットして葺いていきます。
コロニアルは丈夫ですが、専用の道具でカットすることも可能ですので扱いやすい屋根材です。
忠岡町の棟まで施工します
軒先から順に釘で固定しながら棟まで施工します。
釘留めしている箇所は、上に葺くコロニアルで隠れますので雨が直接あたりません。また、下に敷いているルーフィングを釘が貫通しますが、ルーフィングは追従性があり釘に密着するので、万が一屋根材の内側に水が入ってきても雨漏りすることはありません。(ルーフィングが劣化している場合を除く)
忠岡町の棟に板金を取付け
軒先から棟まで施工し、最後に棟板金を取付けました。

棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、水平棟とも言います。異なる傾斜の屋根の取り合いになり、隙間ができます。その隙間から雨水が浸入するのを防ぐために、また、意匠性も踏まえて板金で仕上げます。
忠岡町の降り棟にも板金を取付け
降り棟にも板金を取付けました。

降り棟とは軒先に向かって降りる斜めの棟のことで、水平棟と同様にきちんと雨仕舞しないと雨が屋根内部に浸入してしまいます。取り合いとなる旨に板金を被せて覆うことで雨水を下に流します。
忠岡町の下屋にもコロニアルを葺きました
下屋にもコロニアルを葺きました。
屋根の上に設置していたエアコンの室外機は浮かして固定し、下屋にのっている足場の単管(柱)も上げ下げしながら作業を進めます。
下屋は外壁と接しており、外壁との取り合いも雨仕舞しないといけません。後日、壁際にも水切りを取付けました。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747