和泉市の築40年を超えた屋根の雨漏りで現地調査にお伺いしました


和泉市の住宅で台風被害で雨漏り発生
和泉市のS様より「築0年を超える建物なんですけど、台風で屋根に穴が開いて2階の部屋で雨漏りしてるんです」とご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。
雨漏りがひどいのは2階の和室で、1階のお部屋にも雨漏りしている状態だったので、他業者の方に依頼してシートで養生されたそうです。その後、とりあえず雨漏りは止まっている(風向きによってはあまもりする)のですが、修理の目途が全く立っていないとのことで、まずは保険会社に提出する被害箇所の写真とお見積りをご用意させていただくことになりました。
和泉市の2階の天井に雨漏りしています
こちらが雨漏りしている2階の和室の天井です。
この部屋が一番ひどいそうで、天井全体に雨漏りの跡が残っていました。
他にも2階でもう1箇所、1階の洋室でも雨漏りしていました。
和泉市の棟板金が飛散しています
屋根に上がって確認すると、大棟と下り棟の棟板金が飛散していました。
写真は下り棟の軒先部分で、シートが届いていませんでした。
棟板金とは、屋根の山状になった部分に被せる板金のことで、大棟は一番高い屋根の水平部分、下り無は軒先に向かって降りる棟のことを指します。
和泉市の板金が3か所飛散していました
養生のシートをすこしめくって確認すると、棟板金が3か所で飛散しているのが分かりました。
棟板金が飛散しても、瓦の下には防水シートがあるのですぐには雨漏りしませんが、S様邸のように築40年を超える屋根の場合、防水シート自体が傷んで破損している可能性があります。そうなると、瓦の内側に浸入した雨水が傷んだ部分から部屋内に雨漏りしてしまいます。
和泉市のスレート瓦のひび割れ
また、屋根材自体の劣化も進んでおり、ひび割れがいくつもありました。
化粧スレートは主に、セメントと繊維(補強材)を混ぜて作られている屋根材で、塗装によりメンテナンスをしないといけません。繰り返し塗装を行っていても築40年を過ぎてくると、屋根材自体の寿命が近づいている可能性があります。
和泉市の軒樋が変形しています

樋も破損していました。
軒樋が一部風の影響で変形しており、雨水が溢れている状態でした。

このままでは屋根に落ちた雨水が樋に流れず、勢いよく地上に流れ落ちてしまいます。
この樋は交換でのご提案です。
和泉市の軒天井の板が劣化

軒天井の板が風と雨水の影響で浮いている箇所がありました。
他にも、小屋裏換気口の蓋が飛ばされて無くなっている箇所が2カ所ありました。
台風で吹上げの風が吹くと、普段はいらないところから雨水が入ることがあります。

軒天井板は被害箇所を張替えて新しい小屋裏換気口の蓋は新しいものを取り寄せて取付けます。
和泉市のカーポートの波板が飛散しています
カーポートの波板も飛散していました。

ここには車は止めませんが、洗濯物を干すので不便だということです。

和泉市のテラスの波板が飛散して骨組みも破損
裏手にあるテラスの波板も飛散していました。
このテラスは鉄製ですが、骨組みが錆びついて腐食し、ボロボロになっていました。
腐食が進んで強度があまりないこともあり、骨組みも破損していました。
このテラス屋根は本体ごと入れ替えのご提案です。
和泉市のテラスの竪樋が外れています
表側のテラス屋根の雨樋で、竪樋が外れていました。
風の影響のせいか、固定している部材も破損していました。
和泉市の竪樋が割れています
同じく、竪樋の一部が割れていました。
何かがぶつかって割れた可能性があります。
「こんなことになってるなんて気づかなかったわ~」と奥様が驚かれていました。
屋根の修理のご提案は、下地の野地板も傷んでいる可能性がありますので、葺き替えのご提案になりました。


街の屋根やさん岸和田店は屋根の葺き替え工事も承っておりますので、ご検討されている方はお気軽にご相談くださいね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました...........

忠岡町の納屋の屋根を張替えます

泉北郡忠岡町の台風被害に遭った納屋の屋根の張り替えをご紹介します。H様邸の納屋の屋根は波型スレートを使用しており、台風の時に物がぶつかったのか穴が開いていたり、数枚飛散している状態でした。

忠岡町の納屋の屋根の調査

忠岡町にお住いのH様より「台風で波板が飛んだり、納屋の屋根も割れてしまったんです。自宅の屋根は大丈夫と思いますが、点検してもらえますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。