岸和田市の出窓回りと天井の雨漏り修理/外壁のひび割れを防水!


岸和田市のキッチンの天井に雨染みがあります
岸和田市の窓枠全体が濡れています
岸和田市で1階にあるキッチンの天井や出窓回りで雨漏りしてるとのご相談で現地調査を行いました。
雨漏りしているキッチンの上にはベランダがあり、そこの防水が傷んでいるのかと点検しましたが、お隣の家の屋根が際まで来ている為、雨水が入りにくい状態でした。
岸和田市のベランダの立ち上がり部にクラックがあります
岸和田市のキッチンの出窓の上の目地も割れています
次に怪しいのは外壁部です。外壁と出窓の取り合いや目地、上にあるベランダの立ち上がり部分に大きなひび割れがあり、そこから雨水が浸入した可能性が高いと判断し、コーキングを充填して防水(簡易補修)することになりました。
岸和田市のベランダのひび割れにプライマーを塗布します
まずはキッチンの上にあるベランダの立ち上がり部のひび割れ補修です。

先ほども伝えしましたが、このベランダはテラス屋根がありますし、お隣の家の屋根が近くまで接近している為、雨水が入りにくい形状でした。ですが、立ち上がり部に大きなひび割れがあり、その下に雨漏りしているキッチンの出窓があるので、ここから雨水が入った可能性も捨てきれません。ですので、コーキングを充填して補修することになりました。

初めにひび割れ面にプライマーという接着剤の役割がある塗料を塗布します。
岸和田市のベランダのひび割れにコーキング充填!

ひび割れ面にプライマーを塗布してからコーキングを充填していきます。

コーキングにも接着力はありますが、プライマーを塗布するとしっかりと密着することができますし、より剥がれにくくなります。
岸和田市のベランダのコーキングをヘラで押さえて仕上げます
コーキングを充填しただけではひび割れの上に乗っている状態ですので、最後にヘラで押さえて奥まで押し込みます。
その時、余分なコーキングを取り除いて表面を平らに整えて仕上げます。
岸和田市の外壁の目地にプライマーを塗布
次に、出窓の上の外壁の誘発目地の防水です。

誘発目地とは、モルタルの外壁において、ひび割れが発生しそうな個所にあらかじめ設ける目地のことで、この部分が割れていました。

先ほどと同じようにひび割れ面にプライマーを塗布していきます。
岸和田市の外壁の目地にコーキング充填
続いてコーキングを充填し、目地を防水します。

下に見えるのは出窓の屋根で、このひび割れから雨水が入ると、出窓の窓枠に雨漏りします。
岸和田市の外壁のふたつの目地を防水しました
出窓の上にある誘発目地2カ所にコーキングを充填してしっかりと防水しました。
これで目地部分から雨水が浸入することはありません。
岸和田市の出窓の取り合いも防水します!
出窓と外壁の取り合い部分はもともとコーキングで防水されていましたが、そのコーキングが傷んで割れていたので再度打ち直しました。
この取り合い部が劣化すると、外壁を伝ってきた雨水が内側に浸入する可能性があります。
キッチンの雨漏りの原因の可能性があるひび割れをすべて補修しました。
外壁のひび割れ補修は、補修跡がとても目立ってしまいますので、人目に付く場合は塗装で仕上げることも可能です。
今回は、お隣との間の外壁で、人目に付かないのでコーキングのみの補修になりました。

後日、雨が何度か降りましたが雨漏りは止まっているとのことで良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りの調査・修理なども承っておりますのでお困りの方はご相談くださいね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。