オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阪南市で台風で屋根の瓦が割れてカーポートなどの波板も飛散!


阪南市の袖瓦が飛散
阪南市で台風の被害箇所の現地調査を行いました。
T様邸は土葺きの瓦屋根で、台風21号の強風で瓦が一部飛散し、割れも多数発生しており、ブルーシートで応急処置されている状態でした。
瓦が割れて隙間が開いている箇所があり、雨漏りも心配なのでとにかく早く修理をしてくれる業者をお探しでした。
保険を使って修理されるとのことで、街の屋根やさん岸和田店は現地調査をしっかりと行い、被害状況を撮影して修理のお見積りをお預けさせていただき、後日工事を行いました。
今回は現地調査の様子をご紹介します。

写真は屋根を下から見た様子で、袖瓦が飛散しているのが分かります。
阪南市の屋根現調・袖瓦は風の影響を受けやすい箇所です
袖瓦とは屋根の雨樋が付いていない面、三角になった部分の端に用いる瓦のことです。
袖瓦は瓦の一番端にありますので、上に瓦が重ならないことから、風の影響を受けやすい部分です。そのため、袖瓦や軒先瓦などの端部で使用する瓦は銅線や釘などで固定されていますが、昔は葺いた職人にっては固定していないことがあります。
そうなると、葺き土の上に瓦を押し付けて密着させているだけの状態なので、飛散しやすくなってしまいます。(平場の瓦は瓦と瓦が重なり合っているので安定します)
阪南市の屋根現調・袖瓦の飛散
他の箇所でも同じように袖瓦が数枚飛散していました。

袖瓦には左右勝手があり、屋根の平場から見て左側を左袖、右側を右袖と呼びます。
阪南市の屋根現調・袖瓦の飛散
袖瓦の飛散状況です。
このままでは強風や地震の揺れが発生した時に他の瓦も落下する危険性がありますので、修理工事では瓦を一枚一枚ビスで固定することになりました。
阪南市の瓦が割れて隙間が開いています
瓦の割れも数か所で発生していました。
T様邸は棟(屋根の頂部の水平部分)の瓦も飛散していたので、上から落ちてきた瓦で平場の瓦が割れてしまった可能性があります。
平場の瓦が割れてこのように隙間が開いてしまうと、そこから雨水が浸入して雨漏りしてしまいます。隙間が開いている瓦の上に土のうをのせていましたが、上から流れてくる雨水はじわじわと入ってしまうでしょう。
阪南市の瓦が割れて隙間が開いています
瓦の割れ状況
阪南市の瓦が割れて隙間が開いています
瓦の割れ状況
阪南市の下屋にも被害があります
下屋にも被害があり、こちらもブルーシートで応急処置されていました。
阪南市の下屋の瓦も割れています
ブルーシートをめくると、瓦が割れていました。
大屋根の瓦が飛散して下屋に落ち、下屋にも被害が拡大する事例が多くあります。
阪南市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています

鬼瓦の取り合いなどの漆喰も剥がれていました。
漆喰は傷んでくるとポロポロと剥がれてきますが、台風の強風ですべて剥がれ落ちているお宅がたくさんありました。

鬼瓦などの取り合い部の漆喰は、瓦を固定したり、防水の役割があります。
鬼瓦は漆喰だけではなく銅線などでも固定されていますが、漆喰が剥がれてしまうと動きやすくなりますし、雨水も入ってしまいます。
阪南市のカーポートの波板が飛散しています
屋根の他にもカーポートの波板にも被害がありました。
カーポートの真ん中辺りの波板が飛散しているので、車はもちろん濡れますし、雨の日の使い勝手も悪い状態でした。
また、カーポートは玄関横にありますので、通行人の目に留まりやすく、見た目が悪いと気になります。
阪南市のテラスの波板が飛散しています
1階のテラス屋根の波板も一番端の一枚が飛散していました。
この波板はFRP波板といい、ガラス繊維が入った強化プラスチックの波板です。
阪南市の波板がフレームから外れています
以外は端の一枚だけのように見えましたが、上から見ると波板がフレームから外れている箇所がありました。
これでは風が吹くたびにバタバタと音を立ててしまい、飛散する可能性もあります。
阪南市の2階のテラスの波板はほとんどめくれています
2階のテラスの波板はほとんどめくれていました。
台風21号で多くの住宅のテラスの屋根材が飛ばされ「屋根に大きな被害があるわけじゃないから急いでないけど、やっぱり洗濯物を干す時に不便なんです・・・」という声をよくお聞きしました。
普段、何となく使っていたものがいざ無くなると不安になりますね。
街の屋根やさん岸和田店は、波板の張替えも承っておりますので、不便だと感じておられる方はお気軽にご相談ください。
また、屋根の無料点検も行っていますので、是非ご利用ください。


同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

テラスの波板の重要性

「ベランダの波板が割れて雨が入ってくるので気になるな・・・」「台風で波板が飛ばされて洗濯物を干す時に不便で困ってる」「波板が黄色くなって見た目が悪くなってきたな~」など、波板のことでお困りのことはありませんか?

泉大津市で行うラバーロック工法について

和泉市の台風被害に遭った屋根をシーリングなどを使用して補強しました。S様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根は土葺き工法です。台風で屋根の瓦が落下したり割れる被害を受けました。また、経年で瓦の固定力が低下している状態で、全体的にズレが生じていま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747