岸和田市の割れて跳ね上がった波板の現地調査/塩ビ製とFRP波板がありました!


岸和田市の波板張り替えの現地調査
岸和田市で「家の横にある庇の波板が傷み、割れて跳ね上がってるんです」とご相談があり、張り替えのお見積りが欲しいとのことで現地調査にお伺いしました。
確認すると、玄関横のスペースが濡れないように設置したアルミ製の庇の波板が傷んでおり、そろそろ張替えの時期にきていました。
庇とは、家屋の開口部(窓や出入り口など)の上に取付けられる日除けや雨除け用の屋根の事です。
岸和田市のガラスネット入りの波板です!
庇の波板はガラスネット入りの波板でした。
ガラスネット入りの波板は、塩化ビニール製の波板(塩ビ波板)をガラス繊維で補強したもので、塩ビ波板よりも劣化しにくく耐久性があるということで、高級塩ビ波板と言われています。
塩ビ波板と同様に、昔は、車庫、バルコニー、テラスなどに幅広く使用されていました。

岸和田市の波板が割れて跳ね上がっています
ですが、素材が塩化ビニール製なので、やはり劣化が進むと黄色く変色したり、熱による変形がみられ、少しの衝撃で割れやすくなってしまいます。

写真は、波板が割れて跳ね上がっている様子です。
こうなると雨がどんどん入ってきてしまいます。
岸和田市の波板が変形して継ぎ目が浮い
塩ビ波板の劣化の症状でよく見られるのが「変形」です。
ガラスネット入りの波板は塩ビ波板よりも強いですが、劣化が進むとやはり変形してしまいます。
波板同士の継ぎ目(重なり部分)が変形してしまうと隙間が開き、そこから雨漏りしてしまいます。
岸和田市の波板が破損して穴が開いています
波板が破損して穴が開いている箇所もありました。
「なんで穴が開いたのか分からない」とのことですが、根本的な原因は経年劣化です。それに加えて、強風の影響や飛散物がぶつかって穴が開くこともありますし、猫が落ちてきて大きな穴が開いた、とのご相談もございます。
岸和田市のカーポートの屋根苔がびっしり生えています
アルミのフレームからは苔が出てきていました。
この庇を含めて、テラス屋根やカーポートの軒先のフレームは雨樋になっていて、その部分に泥が溜まったり苔が生えることがよくあります。雨樋は波板の下に隠れているので、波板をめくらないと掃除ができません。ですので、波板を張替える時には必ず雨樋の中を掃除します。
岸和田市の二階のテラス屋根の波板張り替えもご検討
同時に二階のテラス屋根の波板の張替えのご相談もありました。
二階の波板はFRP波板でした。
FRP波板は、ガラス繊維強化プラスチック波板で、プラスチックにガラス繊維を混ぜて強化した波板です。
岸和田市のテラス屋根はFRPの波板です!
FRP波板は強度はありますが衝撃で割れますし、年数が経つとひび割れも発生してしまいます。

テラスの波板は常に外気に晒されて、太陽の熱の影響をまともに受けますので、できるだけ長持ちするほうがいいですよね。
最近では、ポリカーボネート素材の波板(ポリカ波板)を使用することがほとんどで、その理由として衝撃に強く割れにくいことが挙げられます。
岸和田市の耐久性のあるポリカ波板
経年劣化でバリバリに割れてしまう塩ビやFRPに対してポリカーボネートは耐衝撃性に優れていますので、衝撃ではほとんど割れません。10年が経過してもひび割れが無いと言われています。ですので、長期にわたって使用可能なので、ポリカ波板が多く普及されるようになりました。

せっかく波板を張替えるなら、安心して長く使用できるほうがいいので、庇・テラス屋根共にポリカ波板への張替えでご提案させていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、責任を持って工事をさせていただくうえで、波板一枚の張替えの場合でも必ず現地を確認させていただいております。ご相談・点検・お見積りは無料ですので、まずはお気軽にご相談くださいね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の屋根の葺き土もすべて撤去します

忠岡町の屋根葺き替え工事で屋根の瓦や葺き土の撤去、下地の野地板張りからルーフィング敷きまでをまとめてご紹介します。T様邸の屋根は茶色の釉薬瓦で、台風21号で屋根に被害があり、雨漏りも発生しました。今後の台風や地震の影響のことを考え、お子様に...........

忠岡町の屋根を葺き替えます

忠岡町のT様より「台風で屋根の瓦が割れたりしているので屋根の葺き替えなどの相談にのってくれませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いし、屋根を葺き替えることになりました。

和泉市の波板に変形や変色が見られます

和泉市の波板張替え工事のご紹介です。T様邸は台風21号で自宅の雨樋が破損し、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。その時のご相談で、カーポートの波板が古くなってきているのですべて張替えてほしいとのご希望でした。