泉南郡岬町の折板屋根に雨の浸入を防ぐ水切り部材のエプロン面戸取付


泉南郡岬町の折板屋根を調査します!
泉南郡岬町の住宅で一階廊下の天井に雨漏りが発生し、現地調査を行うと、廊下の上にある折板屋根(せっぱんやね)の壁際に問題があることが判明したので、その部分に手を加えて雨漏り修理を行うことになりました。
S様邸の折板屋根は傾斜がほとんどなく、風を伴う雨や大雨の時に、雨水が壁際に廻ってしまっていました。壁際に施している防水が傷んでおり、雨水が浸入しているようでした。

折板屋根とは金属屋根のことで、山型に折り曲げた鋼板を連ねて施工した形状の屋根のことです。

修理内容は、折板屋根の壁際に施工しているエプロン面戸の周りにコーキングを充填して防水してから新しいエプロン面戸を取付け、その上に壁際水切りを被せて固定します。
今回は、屋根のエプロン面戸取付を分かりやすくご紹介します。
泉南郡岬町で使用するエプロン面戸です!
こちらがエプロン面戸です。
エプロン面戸は折板葺きの屋根の棟や壁に接する部分に取付けて、雨水の浸入を防ぐ役割があります。
面戸と折板屋根の取り合いにはコーキングを塗って防水します。(面戸を取付けるだけだと周りに隙間ができて雨水が入ってしまうため)
泉南郡岬町の面戸周りのコーキングが割れています
S様邸の面戸周りに施されているコーキングは劣化して、割れたり穴が開いたりしていました。
コーキングは面戸周りを防水していますので、そのコーキングが割れてしまうと雨水が浸入する可能性があります。
泉南群岬町の既存の面戸にコーキングを充填してからエプロン面戸を取付けます
泉南群岬町の既存の面戸の上にコーキング充填
既存の面戸周りのコーキングが傷んだまま修理を進めても、肝心な部分が傷んだままとなりますので、また雨漏りしてしまいます。ですので、先に既存の面戸周り全てにコーキング多めに充填しました。
これで劣化部分の防水完了です。
泉南群岬町でエプロン面戸を手前に取付けます
冒頭でお伝えしましたがS様邸の屋根は傾斜がほとんどなく、風雨や大雨の時に壁際に雨水が廻っている状態でした。
今回の修理で、雨水が壁際に大量に流れ込まないように、既存の面戸の手前にエプロン面戸を取付けることになりました。
泉南群岬町で山状になっている部分にしっかりと固定
エプロン面戸を折板屋根の形状に合わせて差し込み、山状になっている部分にビスでしっかりと固定します。
谷になっている部分でビス留めしてしまうと、谷部分は雨水の通り道なので、雨漏りを誘発してしまう恐れがあるので、必ず山状の部分で固定します。
泉南郡岬町の面戸に隙間を開けてコーキング充填
エプロン面戸を取付けた後、ビスの頭を含めて、面戸周りにコーキングを充填して防水します。
この時、面戸の下部分にはコーキングを充填せず隙間を開けておきます。
隙間を開けておくことで面戸の奥に雨水が入ってしまった時に雨水が抜けるようになります。
泉南群岬町の屋根の雨水の流れ
もし下の部分もコーキングで埋めてしまった場合、何かしらの理由で新しい面戸の奥に雨水が浸入すると、水の逃げ場がなくなり中でダムのように水が溜まってしまい、屋根材の劣化を進めたり雨漏りしてしまう可能性があります。
泉南郡岬町の屋根の面戸
新しく取付けた面戸はあくまでも雨水が壁際に大量に廻るのを防ぐためのもので、雨水を完全にシャットアウトするものではありません。壁際に廻る水の量が少なくなると壁際の劣化を抑えることができますし、雨漏りのリスクも低減できるのでこの方法を取らせていただきました。
泉南群岬町の壁際に大きな水切りを取付けます
次は、壁の立ち上がり部分から新しく取付けた面戸の上にかけて板金の水切りを覆いかぶせて取付けます。

もしあなたも、折板屋根の老朽化や雨漏りなどで心配なことがございましたら「街の屋根やさん岸和田店」にお気軽にご相談くださいね。お電話無料の0120-169-747まで。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査にお伺いしました

岸和田市で「台風で屋根に被害があったので見てほしい」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。O様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、下から見上げるとケラバの水切り板金が剥がれているのが分かりました。屋根に上がって確認すると、被害は...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........