オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町の雨漏り修理に伴うベランダ防水で下地を調整しました!


熊取町の雨漏り修理に伴うベランダ防水です。F様邸は木造の3階建てです。雨漏りしたのは2階の和室の天井で、上にはベランダがあります。以前にも雨漏りしたことがあり、ご主人様がベランダの床に塗料を塗って一時的に止まっていたそうですが、また雨漏りしたので今度はベランダの壁にもカチオン系の塗料を塗ってみたそうです。その後、雨漏りがひどくなり、どうにもできなくなったことから街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。雨漏り修理でベランダを防水するにあたり、ベランダの床と壁に塗布した塗料を一度剥がして、新しく健全な下地を設置させていただきます。

ベランダ現況

熊取町のバルコニー現況!
ベランダの現況です。
再び雨漏りしたことから、床にブルーシートを敷き、壁を保護するために塗料を塗られていました。
雨漏りしているのはこのベランダの下にある和室です。また、調査の時に向かって右側の壁の横にある収納にも雨染みがあることが分かり、ベランダを防水し、壁もきちんと整えることになりました。
熊取町の笠木と板金の形状
雨水が入りそうな箇所はベランダの床や壁だけでなく、手すり壁の天端の笠木の継ぎ目や屋根の水切り板金、テレビアンテナを固定しているビス頭など、怪しい箇所がありましたので、この工事でシーリングを充填して防水させていただきます。
この記事では、ベランダの床と壁の下地調整の様子をご紹介します。

ベランダ防水に伴うベランダと壁の下地調整

熊取町の壁の塗膜を剥がします
まずは、ケレン・清掃です。

ケレンとは、建設及び建築業界で使われている専門用語です。建物を塗装する時に、劣化した塗膜やサビなどを研磨して落とす作業のことです。
ヘラやスクレーパーという道具を使用し、既存の塗膜をできるだけきれいに取り除き、下地を整えます。
熊取町の目地のシーリングを剥がします
ベランダの手すり壁の目地にもご主人様がシーリングを充填されていました。この目地はモルタル壁に発生するひび割れを集中させるためのもので、シーリングを充填するのは正解なのですが、シーリングの種類を選定してきちんと打ち直し、防水性を向上させる必要があります。
熊取町のベランダの塗膜も剥がします
続いて、ベランダの床のケレン作業を行います。
ベランダは外部に設置されていますので、何かしらの防水が施されています。ベランダのお部屋に雨漏りしたことから、ご主人様が塗料を塗って処置されていました。丁寧に塗られていましたが、今回施す防水を長持ちさせるために、剥がしていきます。

ケレン作業はひと手間かかりますが、ケレンをするのとしないのでは塗膜の耐久性に大きくかかわってきます。
熊取町のベランダの目地にシーリングを充填
ベランダの壁の目地にシーリングを充填します。
目地が割れたままの状態だと、防水性が低下したままですので、先に処置してから塗装させていただきます。
熊取町のベランダの壁にカチオンクリートで下地を処理
続いて新しい下地を作ります。
カチオンクリートという下地調整材を手すり壁にしごき塗りしていきます。カチオンクリートはカチオン系のセメント下地調整材で、薄い膜でも健全な下地を作ることができます。
熊取町のベランダの立ち上がりや床面にも塗布
ベランダの立ち上がりから床面にかけてカチオンクリートを塗布し下地を設置します。
カチオンクリートはモルタルやコンクリート以外の下地にもしっかりと密着し、薄塗で新しい下地を施工することが可能です。
熊取町のベランダの下地調整完了
問題があったベランダの手すり壁と、床の立ち上がりから床面にかけてカチオンクリートを塗布して下地を作りました。
カチオンクリートの下にある壁の目地や床にひび割れが生じている場合、先にシーリングで防水しないと、カチオンの下地が傷んだ時に雨漏りしてしまいます。
カチオンクリートをしっかりと乾燥させてから防水工事を行います。F様邸のベランダの防水は、ウレタン防水を施されていたので、近亜紀は同じ防水工法でメンテナンスさせていただきます。
ウレタン防水とは、ウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布して防水層を形成する防水工法です。

続いて、外壁のひび割れ補修の様子をご紹介します。

外壁のひび割れ補修

熊取町の外壁のひび割れを補修
F様邸は玄関の上にある外壁に大きなひび割れがありました。
ひび割れの幅が広く、奥行きもあることから、雨水が浸入している可能性があります。
上にシーリングを充填して簡易補修することも可能ですが、ベランダの防水工事で防水専門の職人が現場に入っていますので、適切に処置させていただくことになりました。
熊取町のひび割れをカッター切します
まずはグラインダーという電動カッターでひび割れ面を広げる作業を行います。
グラインダーでひび割れをUの字に広げていきます。ひび割れを広げるので見るとびっくりされるかもしれませんが、この後に充填する補修材に厚みを持たせて奥まで充填するための作業ですのでご安心ください。
熊取町の外壁のひび割れにプライマーを塗布
ふたつのひび割れをUの字にカットし、プライマーを塗布します。
プライマーは尾上に充填するエポキシ樹脂モルタルをしっかりと密着させるための接着剤の役割があります。そのため丁寧に塗布しないといけません。
熊取町の外壁のひび割れにエポキシ樹脂モルタルを充填
プライマーを塗布してから、主剤と硬化剤とを撹拌して使用するエポキシ樹脂モルタルを詰めて補修しました。
エポキシ樹脂モルタルは速乾性がありますので、壁の欠損部の補修も可能です。強度のある補修材ですので、同じ箇所から割れることはありません。
熊取町の外壁のひび割れに塗装しました
エポキシ樹脂モルタルを使用してひび割れを補修すると、補修箇所がとても目立ってしまいます。今回は、ベランダの壁の塗装をしますので、その塗料を用いて塗装させていただきました。

次はベランダ防水と壁の塗装の様子をご紹介します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください

和泉市で行ったベランダのウレタン防水工事の様子をご紹介します。K様邸は鉄筋コンクリート造の2階建ての住宅で、1階と2階のお部屋で雨漏りしていました。1階で発生した雨漏りを止めるために真上に設置されているベランダを防水するご提案をさせていただ...........

和泉市のベランダの汚れをデッキブラシで掻き出します

和泉市の皆さま、いつも街の屋根やさん岸和田店の現場ブログをご覧いただきありがとうございます。皆さまのお家にはベランダが設置されていますか?そのベランダは定期的にメンテナンスされていますか?ベランダは外部に設置されていますので、防水処置しない...........

和泉市の雨戸枠の取り合いのシーリングを打ち替えます

和泉市にお住いの皆さまこんにちは!皆さまは「シーリング」のことをご存じですか?シーリングは水回りや防水が必要な箇所で使用する防水材のことで、コーキングとも呼ばれています。シーリングはお住いの様々な箇所で使用されていますが、この記事では和泉市...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747