貝塚市のひび割れがあったベランダをウレタン樹脂を用いて防水


貝塚市のベランダ防水のご紹介です。I様邸のベランダは、モルタル仕上げの笠木にひび割れが生じ、下のお部屋の天井に雨漏りが発生しました。先にひび割れや劣化箇所をきちんと補修し、防水の工程に入ります。

ひび割れ補修の様子

貝塚市のベランダのひび割れをカッター切りします
ベランダの笠木に発生したひび割れをカッター切り(ひび割れ面を広げる作業)している様子です。
ひび割れを補修する際に、補修材を十分に充填するためにカッター切りしないといけません。
貝塚市のベランダにエポキシ樹脂モルタルを充填
ひび割れをカッター切りした後、プライマーという接着効果のある塗料を塗布してからエポキシ樹脂モルタルという強度のある補修材を詰めて補修しました。

ベランダ防水の様子

貝塚市のベランダをケレン・清掃
ベランダ防水工事で一番初めに行うのが「ケレン・清掃」です。
ケレンとは、スクレーパーなど(工具)を使用して、防水面に付着した汚れや、脆弱な塗膜を剥がしてきれいに清掃する作業のことです。
防水面が汚れていたり、脆弱な塗膜の上から防水してもすぐ剥がれる可能性がありますので、必ずケレン作業を行います。
貝塚市のベランダにカチオンクリートで下地を調整
ケレン・清掃後、下地調整の工程に入ります。
下地調整とは文字通り下地を整えることです。カチオンクリートという、薄塗で新しい下地を形成できる下地調整材を使用します。
薄塗で下地を作ることができますので、軽量で、ベランダに負担をかけることがありません。
貝塚市のベランダの補修した笠木も下地をリセットします
立ち上がり壁や笠木も防水するので、カチオンクリートを塗布して下地を調整します。
貝塚市のベランダに新しい下地ができました
カチオンクリートは、防水面の凹凸を少なくし、今回使用する防水材、ウレタン樹脂とも相性が良く、しっかりと密着します。
貝塚市のベランダにプライマーを塗布します
カチオンクリートで下地を調整した後、乾燥させてからプライマーを塗布します。
プライマーとは、接着性のある透明の塗料で、防水面と防水材をしっかりと密着させる役割があります。
プライマーが薄塗りだったり、塗りムラがあると、防水材が剥がれる原因になりますので、丁寧に塗布することが大切です。
ベランダの床から立ち上がりの壁にかけて一体性のある防水層を形成し(ベランダに箱状の防水層を作るイメージ)雨水の浸入を防止しますので、立ち上がり壁や床との取り合い部にもプライマーを塗り込みます。
貝塚市のベランダにウレタン樹脂を塗布します
プライマーをベランダの防水面全体に塗布し、粘着力があるうちにウレタン樹脂という防水材を流し込んで塗布します。
ウレタン樹脂の最大の特徴は「液体」だということです。液体状ですので、立ち上がりの壁から床にかけて継ぎ目なく防水層を作ることができます。
貝塚市のベランダの床全体を覆います
建物の外部にある継ぎ目や取り合い部分が劣化すると、そこから雨水が浸入します。雨水は屋根から入るだけでなく、外部の劣化箇所のあらゆるところから浸入するのです。
ベランダ、窓周り、庇、換気フード周りなど、外壁に付帯している部分は必ず防水処置されています。
貝塚市のベランダにウレタン樹脂を2回塗り重ねました
ウレタン樹脂は、乾くと弾力のあるゴム状になります。
防水性能を確保するためには、規定の厚みが必要になりますので、1回目を塗布した後、乾燥させてから2回目を上塗りして厚みをもたせます。(現場によってウレタン樹脂の塗布回数は異なります)
薄い部分と厚い部分との差ができないようにできるだけ均等に塗布します。
貝塚市のベランダにトップコートを塗布します
ウレタン樹脂を塗布した後、乾燥させてからトップコートを塗布します。
トップコートとは、一番上に塗る塗料のことで、下の防水層を保護する役割があります。
防水層になるウレタン樹脂は、実は紫外線に弱いという弱点があります。そのため、紫外線に直接あたらないようトップコートを塗布しないといけません。
貝塚市のベランダ防水完了
トップコートを塗布し、ベランダ防水完了です。

先ほどもお伝えしたように、ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、トップコートが傷んで割れたり剥がれてくると、防水層が紫外線にあたり防水層自体の劣化が進んでしまいます。防水層は雨水の浸入を防いでいますので、その防水層が傷んで切れるとそこから雨水が廻って雨漏りすることがあります。防水層をできるだけ長持ちさせるには、トップコートの劣化が進む前にトップコートを塗ってあげることです。そうすると、トップコートの塗り替えの費用だけで済みますし、防水層の劣化も抑えることができます。逆に、防水層自体が劣化して雨漏りすることがあれば今回のようにウレタン樹脂の形成から行わないといけません。



ベランダは外部に面していますので必ず防水のメンテナンスが必要です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の瓦が割れています

泉南市の台風被害に遭った屋根修理で、割れた瓦の差し替えや飛散しやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟(軒先方向に降りる棟)の一部が崩れて飛散し、地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れてしまいました。崩れた降り棟を修復し、台風...........

泉南市の棟の漆喰の詰め直しなどを行います

泉南市の大屋根(一番高い屋根)の水平棟の修理及び再固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟の一部が飛散し、瓦が割れるなどの被害に遭いました。

泉南市の飛散した降り棟を修復します

泉南市の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。T様邸はシルバーの釉薬瓦で、降り棟(屋根の流れの方向に降りる棟)一部が崩れたり、瓦が割れる被害に遭いました。この記事では降り棟の修復と漆喰の詰め直しの様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747