岸和田市の雨樋の詰まりを解消/軒樋と集水器の落ち口を掃除しました!


岸和田市の軒樋が端から端まで枯れ葉などが詰まっています
岸和田市で「雨樋が詰まっていて、樋から雨水が溢れてくるので掃除をしてほしいのですが・・」とご相談があり樋の掃除を行うことになりました。

写真は掃除前の軒樋で、端から端まで枯れ葉や土が積もり積もっていました。
これは、すぐそばにある背の高い植木の葉が風で飛ばされて樋に集まった結果です。
岸和田市の集水器の落ち口も詰まっています
こちらは掃除前の集水器の様子です。
集水器は、軒樋に流れてきた雨水を集めて竪樋に送る大きな器のような部材です。
雨水を竪樋に送る部分・落ち口が詰まっているので、雨水がせき止められて溢れて(オーバーフロウと言います)しまっているようです。

雨樋のオーバーフロウを解消するため、軒樋・集水器の両方をきれいに掃除します。
岸和田市の枯れ葉や土などを取り除きます
下屋の上に上がって、手で枯れ葉や土などを取り除いていきます。
軒樋にゴミなどが溜まってくると、樋の水の流れが悪くなると同時に水はけも悪くなります。水はけが悪いとホコリが付着しやすいので泥が溜まる原因になり、悪循環になってしまいます。
岸和田市の樋に土などがたくさん蓄積されています
今回は、屋根の上に上がって清掃作業を行っていますが、ご自身で下屋の樋の掃除を行う場合は、絶対に屋根に乗って作業はしないでください。人間の頭は重いので、バランスを崩すと落下してしまいます。
岸和田市の軒樋がきれいになりました!
手作業で、少しづつ枯れ葉や土などを取り除いて、軒樋がきれいになりました。
軒樋にゴミが溜まると、その重みで樋が下に垂れ下がる原因にもなりますので、樋から堆積物が見えていたり、植物が顔を出しているのを見つけたらできるだけ早めに清掃しましょう。
ちなみに、樋が下にお辞儀してくると、落ち口が詰まっていなくても雨水が溢れることがあります。
岸和田市の集水器を掃除します

続いて、集水器の清掃も行いました。
冒頭でお伝えしましたが、集水器は雨水を竪樋に送る「じょうご」のような役割があります。ここが詰まると、雨水の行き道が無くなり、樋から雨水が溢れる事態になってしまいます。
樋から雨水が溢れると、思わぬところから雨水が浸入して二次被害を引き起こす可能性がありますので、必ず掃除しましょう。
岸和田市の集水器の落ち口もきれいになりました

完全に詰まっていた落ち口も掃除できれいになりました。
これで、雨水がスムーズに排出されますね。

落ち口に土が溜まると、風で飛ばされてきた植物の種が付き、草が生えることがあります。長年そのような状態のまま放置していると、根が樋の奥まで這い、最悪の場合雨樋をカットしないと掃除できないことがありますので、たまに見上げて確認してみるといいでしょう。
岸和田市の軒樋に水を流して確認します
樋の清掃後、水を流してきちんと流れるか確認しました。
軒樋から竪樋までスムーズに流れ落ちているのを確認し、雨樋清掃完了です。
岸和田市の軒樋に水を流して確認します
樋の中に蓄積された堆積物です。
土が多いので、重みで樋に負荷がかかっていたと思われますが、これで解消されますね。
雨樋の詰まりを放置すると、溢れた水でご近所さんにご迷惑をかけることがあります。
もしあなたも、雨樋の詰まりで「どこに相談したらいいか分からない・・・」とお困りでしたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談くださいね。

次は呼び樋の先端部材の取付をご紹介します。


同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。