和泉市のカーポートの波板の張り替えで側面にも施工しました


和泉市の波板張替え工事のご紹介です。T様邸は台風21号で自宅の雨樋が破損し、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。その時のご相談で、カーポートの波板が古くなってきているのですべて張替えてほしいとのご希望でした。
和泉市の波板に変形や変色が見られます
カーポートの波板を上から見た様子です。

塩ビ製(塩化ビニール製)の波板が古くなって変色し、変形も見受けられます。
塩ビ製の波板は紫外線などの影響で、古くなると黄色く変色したり、変形してきます。そして次第に硬くなってきますので、非常に割れやすい状態になります。
和泉市のカーポートの側面にも目隠しの波板を張ります
「お隣さんとの目隠しで、フェンスにグリーンの造花を取付けていたのですが、この機会に側面にも波板を張ってほしいんです」とのご希望で、波板を張って仕上げることになりました。
和泉市の既存の波板を撤去しました
波板張替え工事の様子です。

既存の波板をすべて撤去しました。
塩ビ製の波板は古くなると割れやすくなりますので、剥がす時にも「バリバリ」と音を立てて割れてしまうことがあります。
和泉市のカーポートの雨樋掃除完了
波板を撤去すると、下にある雨樋が見えます。
カーポートやテラス屋根の雨樋はその構造上、上に波板などの屋根材がのっている状態ですので、普段はお掃除できません。樋を掃除するとなると、波板を剥がさないといけないので、その分費用がかかってしまいます。ですので、波板をタイミングが樋を掃除するチャンスですので、きれいに掃除しました。
和泉市の既存の塩ビ波板です
撤去した塩ビ波板です。
先ほどもお伝えしましたが、塩ビ波板は経年で変形します。カーポートやテラス屋根は数枚の波板を重なり合わせて張っていますので、継ぎ目部分が変形すると雨水が入りやすくなり、雨の量や風向きによっては雨漏りすることがあります。
和泉市で丈夫なポリカ波板を使用します
新しく使用する波板はポリカ波板(ポリカーボネート製)です。
ポリカ波板は塩ビのものよりもはるかに長持ちします。柔らかいため扱いやすく、その上強度もありますので物がぶつかっても割れることはほとんどないくらいです。
和泉市のカーポートの端から順に張っていきます
ポリカ波板を端から順に張っていきます。
カーポート本体のアルミフレームの溝に波板を差し込んで、波板フックと呼ばれる専用の部材で留めます。
以前は波板フックも塩ビ製で割れて無くなっている箇所がありましたが、新しいフックは波板と同じポリカ素材ですので長持ちします。
和泉市のカーポートの側面にアルミフレームを取付け
「お隣さんとの目隠しで、側面にも波板を張ってほしい」とのご希望でした。
側面に波板を張れるようにアルミ部材のフレームを取付けます。
和泉市のフレームに波板を留めます
波板がばたつかないようにフレームを2本取付けました。
ここに波板を張ります。
和泉市のカーポートの外側から波板を留めます
お隣さんにご了承を得て、敷地に入らせていただき、フレームの外側から波板を張りました。
側面の波板も波板フックで固定します。
和泉市のカーポートの側面に波板取り付け完了
側面に波板を取付けました。

屋根は透明度の高い波板を使用しましたが、側面は目隠しも兼ねているのでマット調の波板を採用しました。
和泉市で樋も通しました
カーポートの雨樋は既存の物よりも太い樋に入替て、波板を一部カットして通しました。
和泉市の波板張替え完了です
カーポートの波板張替え完了です。

以前は波板が変色してカーポートの下が暗くなっていましたが、とても明るくなりました。
ポリカ波板は透明度が高く、光は通しますが紫外線はカットしてくれます。
側面にも波板を張ったことである程度のプライバシーが守られますし、雨の日に横から雨が入らないので使いやすくなりました。

街の屋根やさん岸和田店は屋根工事はもちろん、波板の張り替えなども承っておりますのでお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。