オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の一枚飛んだカーポートの波板を全て張り替えて丈夫な屋根になりました!


岸和田市の波板が飛んでしまったので雨降りの時不便です
岸和田市でカーポートの波板が一枚飛んでしまったとのご相談で現地調査にお伺いして確認すると、塩ビ製の波板が劣化し、波板を留めているフックも傷んでいたので飛んでしまったことが分かりました。

これではこの部分から直接雨水が落ちてきて、駐車している車が濡れますし、雨の日に車に乗り降りする時に濡れて不便だということで張り替えることになりました。
波板は一枚のみの張り替え可能でしたが、飛んでいない他の波板も同じように劣化しているので、耐久性のある波板に張り替えて欲しい、とのご希望です。
岸和田市の既存の波板を撤去します
岸和田市のカーポートの塩ビ製の波板です!
既存の波板を一枚一枚めくっていきます。
既存波板は塩ビ製(塩化ビニール)で、経年劣化で硬くなってきていました。
比較的安価で柔軟性があるので施工しやすいですが、時が経つにつれて次第に硬化していくのが塩ビ波板の特徴で、割れやすくなります。そうなると強風時に波板が飛ばされることがあります。ですので、塩ビ製の波板は長期にわたる使用には不向きと言えます。
岸和田市の耐久性のあるポリカ波板
新しい波板はポリカーボネート素材です。
ポリカーボネートは、熱・紫外線に強く、耐衝撃性に優れている非常に強い素材ですので、長持ちします。
また、採光性・強度・安全性があるので様々な建築物に採用されています。
岸和田市のカーポートの波板にラインを取ります
墨壺・墨糸(直線を引くのに使用する大工道具)を使って直線のラインを引き、その直線状で等間隔にフックで留めていきます。
岸和田市の波板に工具で下穴を開けます
波板をフレームに固定するには専用のフックを波板の上から通します。工具を使い、上からトントンと叩いて波板を留める位置に下穴を開けます。

岸和田市の波板にドリルで穴を開けます
下穴の上から電動ドリルで穴を開けます。
波板を固定する時は、必ず山型になっている部分で固定します。山の部分に電動ドリルで直接穴を開けようとすると、ドリルの先が滑ってうまく開かないので、先に工具で下穴を開けておく必要があります。

波板のへこんでいる面は溝になっていて雨水の通り道です。その部分に穴を開けて波板を固定すると、雨漏りの原因になるので必ず山型の位置でフックを通します。
岸和田市の波板のフックも丈夫なポリカです!
今回使用するのはポリカフックです。
ポリカフックはワンタッチ式のフックボルトで、波板をスポンジの弾力性で押さえます。素材は波板と同じポリカーボネートで、色も揃えているので統一感のある仕上がりになります。
岸和田市の波板をポリカフックで固定します
電動ドリルで穴を開けた部分にポリカフックを差し込んで固定します。
止める下地が鉄の場合は鉄下地用、木材の場合は木下地用を使用します。
岸和田市の波板張替え完了です!
波板の張替が完了しました。
屋根材を選ぶときに優先したいのが耐久性です。屋根はあなたの大切な住まいや、カーポートなどの重要な部分で年中雨風から守ってくれています。紫外線や気温差、雨風などにさらされて過酷な状況下にあるからこそ、屋根の役割を果たすために耐久性のある屋根材を選ぶことが大切です。
ポリカーボネート素材の波板は高寿命で約10年以上はもつと言われています。
今回は劣化しやすい塩ビ製から耐久性のある丈夫なポリカーボネートに張替えたので安心ですね。
岸和田市の桝蓋を交換します
現地調査にお伺いした時にカーポートの土間にある桝蓋の交換のご依頼もございました。
この桝蓋はコンクリート製で、車のタイヤが乗り上げる位置にあるので何度も割れているそうです。
桝蓋周りにも負荷がかかり、タイルが破損していました。
岸和田市の桝蓋の撤去
桝蓋を撤去すると、中にバラバラになったコンクリートが入っていました。
これは以前に割れてしまったコンクリートの桝蓋で、中に入れておけば車で乗りあげた時に土台になってくれるかと思い、詰めていたそうです。
岸和田市の割れている部分をコーキングで補修
桝の中に詰められたコンクリートを撤去して、周りの割れたタイルが動かないようにコーキングを充填して補修しました。
岸和田市の桝蓋を丈夫な鉄製に交換完了
また同じように割れないように、新しい桝蓋は鉄製のものを設置しました。これでこの上を通っても大丈夫ですね。
住まいの屋根はもちろん、カーポートやテラス屋根、物置小屋の屋根など、
屋根の事でお困りのことがございましたら街の屋根やさん岸和田店にお任せください!
ご相談・点検・お見積りは無料ですので、お気軽にご相談くださいね。
フリーダイヤル0120-169-747まで。 

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

テラスの波板の重要性

「ベランダの波板が割れて雨が入ってくるので気になるな・・・」「台風で波板が飛ばされて洗濯物を干す時に不便で困ってる」「波板が黄色くなって見た目が悪くなってきたな~」など、波板のことでお困りのことはありませんか?

泉大津市で行うラバーロック工法について

和泉市の台風被害に遭った屋根をシーリングなどを使用して補強しました。S様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根は土葺き工法です。台風で屋根の瓦が落下したり割れる被害を受けました。また、経年で瓦の固定力が低下している状態で、全体的にズレが生じていま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747