岸和田市のガラスネット入りの波板を強度のあるポリカ波板に張替


岸和田市のカーポートの波板を張替えます!
岸和田市のカーポートの波板張替え工事のご紹介です。

「カーポートの波板の色が変わってきて、もうだいぶ古くなっているので張り替えてほしいんです」
とお問い合わせをいただき工事に至ります。

波板の張替えをご検討されている方のほとんどが「波板の飛散・破損」「変色による見た目の悪さ」といった理由からです。
岸和田市の波板が変形・変色しています
S様邸のカーポートの波板も、経年劣化で変形や変色の症状が見られました。

波板が変色すると、波板の下のスペースや隣接するお部屋の中が暗くなってしまいます。
また、変形が進むと隙間が生じてそこから雨漏りすることもあります。
岸和田市の張り替え前の波板

波板はカーポートの屋根やテラス屋根、物置小屋など、幅広く使用されていますがその種類は大きく分けて5種類あります。

塩ビ波板、ガラスネット入り波板、ポリカ波板、ガルバリウム波板、カラートタン波板などがありますが、塩ビ波板(塩化ビニール)やガラスネット入り波板は劣化により変形・変色してしまいます。
岸和田市の既存の波板ガラスネット入りの波板でした

S様邸の既存の波板はガラスネット入りの塩ビ波板でした。
(写真は既存の波板をめくった後の様子です)

ガラスネット入りの波板は、ガラス繊維ネットを挟んで強化した硬質塩化ビニール素材でできているので、塩ビ波板よりも強度がありますが、やはり年月が経過すると、紫外線や熱などの影響で曲がったり黄色く色が変わってしまいます。また、劣化すると割れやすくなりますので、飛散しやすくなるといえます。

岸和田市で使用するポリカーボネート製の波板です

以上のことから、塩ビ波板は長期の使用に向いていないので、最近では耐久性のあるポリカ波板(ポリカーボネート素材)が主流になっています。
S様邸の波板もポリカ波板を採用しました。

ポリカ波板は衝撃に強いので、物がぶつかっても割れにくく、紫外線などの熱にも強い優れた素材です。
長期にわたっての使用が可能なので、これから波板を張替える方はこちらをお勧めします。
岸和田市のテラス屋根の樋に苔や泥が溜まっています
写真が白っぽくて見えにくいのですが、波板をめくると、雨樋のなかに苔や泥が詰まっていました。
この症状はよくあることです。
テラス屋根は軒先のフレームが樋になっていて、普段は波板の下に隠れていますのでお掃除ができません。更に、水が集まる箇所で、湿気が多いので苔が発生しやすいのです。
岸和田市のテラス屋根の樋の中をきれいに掃除しました
波板を張替える時には、必ず雨樋の掃除を行います。
樋が詰まると雨水がきちんと排出されず、溢れてしまいますし、波板をめくった時しか掃除できないので今がチャンスです。
岸和田市の波板を二山半重ねて張ります

既存の波板をめくって、樋を掃除してから新しい波板を張っていきます。
波板は数枚の波板を平行に並べて張るのですが、重ね代は少なくても二山半取らないといけません。
波板の重ね代が少ないと、雨の量が多い時に隙間から雨水が入って雨漏りしてしまうからです。
岸和田市の波板を留めているプラスチックのフックです!
波板は専用のフックを用いてフレームに固定していきます。
既存のフックはプラスチックのフックだったので、塩ビ波板と同様に紫外線などの影響で硬化して割れやすくなります。
フックを外すときに根元が折れたり破損してしまいました。
岸和田市の波板を留めるポリカフックです
今回使用するフックは波板と同じポリカーボネート素材のポリカフックなので、以前よりも長持ちします。
波板と同色なので良く馴染んで仕上がりもいい感じになります。
波板に強度があってもフックが弱いと飛散の原因になりますし、フックに遊びが多いと波板がバタつきますので、強い素材でちょうどいいサイズを採用しないといけません。
岸和田市のテラス屋根が明るい屋根になりました
波板張替え完了です

ポリカ波板は色が付いていても透明度が高いので屋根の下が明るくなります。
見た目もとってもきれいになりましたね!

街の屋根やさん岸和田店は波板の張替やテラス屋根本体の交換も行っておりますので、ご検討されてる方はお気軽にお問い合わせください。

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。