オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の二階の天井の雨漏り修理に伴う棟瓦積み直し工事のご紹介


岸和田市の二階の和室天井の雨漏り調査
岸和田市の住宅で二階の天井に雨漏りが発生したということで、前回、現地調査の様子をお伝えしました。
写真は雨漏りしていた天井です。
調査の結果、この天井の上にある棟の漆喰に問題があるとの見解で、棟の積み直し工事を行うことになりました。
岸和田市の漆喰をのし瓦よりも奥で施工
こちらが棟の状況です。
棟は屋根の頂点の三角になった部分のことで、漆喰と呼ばれる日本特有の材料(写真の白い部分)で瓦と瓦を固定しています。この漆喰が上に乗っているのし瓦(平たい瓦)の手前に近づくほど雨を多く吸収してしまい、雨漏りの原因になります。(雨ざらしになるため)

岸和田市の棟の瓦を積みなおします!
今回は、雨漏りしているお部屋の上にある棟を一度解体し、一から積み直す工事を行います。
その時、前に出すぎていた漆喰を奥の方できちんと施工します。
岸和田市の冠瓦撤去
工事の様子をお伝えします。
棟を解体するので、一番上に乗っている冠瓦からめくっていきます。めくった瓦は再利用するので落下しないようにひとまとめにしておきます。
冠瓦は雨が棟の中に直接入るのを防ぐために一番上に被せる瓦です。
岸和田市の棟の土が雨で濡れています!
冠瓦とのし瓦をめくると、やはり下の土が濡れていました。この部分は雨漏りしていたお部屋の上にあたります。
見た感じ分かりにくいですが、黄色い点線印の部分が雨水で湿っている部分です。
瓦の下の土が濡れているということは、雨水がここを通った証拠となります。
岸和田市ののし瓦をめくります
違う角度から見た様子です。
手前の土が少し色が変わっており、奥の方の土がカラッと乾いているのが分かります。
引き続き、のし瓦をめくっていきます。
岸和田市の棟の解体完了
のし瓦とその下にあった漆喰をすべて撤去し、周りをきれいに掃除しました。
屋根工事で瓦をめくったとしても、瓦自体が傷んでいなければ再利用できます。割れている瓦は使えませんが、使える瓦は再利用したほうが金額の面でもおすすめです。


岸和田市の屋根で漆喰を詰めてのし瓦をのせます
続いて漆喰を詰めてからのし瓦を積んでいきます。
今回は、下地の代わりに漆喰を使っているので、瓦と一体性ができ、漆喰がポロポロと落ちてくるのを防ぐことができます。
岸和田市の漆喰を奥に下げて仕上げます
横から見るとよく分かります。
黄色い点線のラインが解体前の漆喰があったラインです。
漆喰を3㎝ほど奥に下げて表面を押さえて整えながら施工しました。

岸和田市の棟瓦積み直し
残りののし瓦を積み上げて最上段に冠瓦をのせてステンレス線でしっかりと固定しました。
岸和田市の棟瓦積み直し完了
棟の積み直しが完了しました。
棟を積み直したのでこの部分からの雨漏りの心配が無くなりましたね。漆喰がきれいになったので、美観性も高まりました。
日本瓦の屋根で雨漏りの事例が多いのが棟の部分や谷樋です。
今回は棟を積み直したので雨が吹き込んでも安心です。また、漆喰も既定の位置で施工したのでこの部分からの雨漏りのリスクも少なくなりました。

棟に雨水が浸入すると、確実に棟のバランスが悪くなり、瓦のズレや棟の歪みなどが生じてきます。棟の劣化は屋根全体を傷めることになりますので、異常がないか下から様子を見たり、業者に見てもらいましょう。

ご自身で屋根の上に上るのは大変危険です。屋根の事は「街の屋根やさん岸和田店」にお任せください。



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の住宅で台風で雨漏りが発生

☆お問い合わせのきっかけ☆平成30年に関西方面に大阪に上陸した台風21号で雨漏りが発生したことがきっかけで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。雨漏りの他にも台風での被害を受け、大変お困りでした。以前、キッチンの出窓からの雨漏修理...........

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉大津市の樋を掃除します

泉大津市で樋の掃除と修理を行いました。店舗の正面に設置している看板の下にある樋から雨水が漏れるとのご相談をいただき、すべての樋を確認すると、枯れ葉や泥が詰まっている箇所があったのできれいに掃除することになりました。建物の裏側には樋よりも背の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747