貝塚市で屋根のブルーシートがめくれたとのご相談で応急処置しました


貝塚市の棟板金飛散の現地調査
貝塚市の2階建ての住宅で「台風でスレート屋根の棟の板金が外れたんです」とのご相談があり、現地調査と応急処置にお伺いしました。

お話をお聞きすると、大屋根(一番高い屋根)と下屋の棟の板金が外れてしまい、ご自身で屋根に上がってブルーシートをかけられたのだそうですが、数日後にめくれてしまったとのことでした。ですので、現地調査の時に、きちんと応急処置をしてほしいとご依頼がありました。
貝塚市の応急処置したシートがめくれています
棟板金は屋根の頂点に被せて取り付ける部材のことで、高い位置にあるため強風の影響を受けやすいといえます。
今回の台風21号では、棟板金が飛散したというご相談が相次いでおります。
棟板金や屋根の瓦が飛散してしまい、慌ててブルーシートをかけて応急処置されるケースがありますが、きちんとした方法をとらないと、写真のように風によりズレたりめくれたりしてしまいます。

貝塚市の屋根の棟板金が飛散しています
屋根に上がって確認すると、棟にブルーシートを被せてテープで貼り付けているだけの状態だったようで、テープの跡が残っていました。
板金が飛散して下地の貫板がむき出しになっています。

雨が入らないようにと、ご自身で屋根の上にあがって作業をされたそうですが、万が一落下して怪我でもされたら大変ですので、業者に頼むようにしてください。
貝塚市の下屋の棟板金が飛散しています
下屋の棟板金も大屋根と同じように飛散し、下地の貫板が見えている状態でした。

棟板金は、この貫板の上に被せて釘留めされているのですが、長い間、雨風に晒されているうちに釘が抜けてきてやがて飛散してしまうのです。
復旧工事の際は、釘ではなくスクリューのビスを使用するので抜けにくくなります。
貝塚市の屋根の貫板を撤去します

棟の応急処置の様子です。

まずはむき出しになった貫板を撤去します。
(貫板は、板金の隙間から入った雨水によって腐食し、釘が効かなくなっていたので本復旧工事で交換します)

ブルーシートは風の影響を受けやすいので、防水テープを貼って応急処置します。
貫板があると段差ができてしまうので、先に撤去してテープを貼りやすい状態に整えます。
貝塚市の棟に防水テープを貼って応急処置します

続いて、棟の端から端まで防水テープを貼っていきます。
屋根の面ごとに防水テープを貼り、最後に中央にも貼って仕上げます。合計3ヵ所ですね。

この防水テープは強力なので、一度貼ったら中々剥がれませんし、しっかりと防水できます。
貝塚市の下屋も同じように防水します!
下屋の棟も同じように防水テープを貼って応急処置します。

貫板が合わさる部分に隙間があるのですが、棟板金が無いとそこから雨水が浸入してしまいます。
屋根の頂点の隙間なので面積が少なく、打ち付ける雨の量が限られていることから、雨水が大量に入ることはないかもしれません。更に、この下にはルーフィングという防水シートが控えていますので、すぐに雨漏りすることは少ないです。
逆に言うと、雨の量が多かったり、ルーフィングが傷んでいる場合は雨漏りする可能性があります。
貝塚市のカーポートの平板が割れています
同時にカーポートの屋根のご相談もありました。

これも強風の影響でよく起こり得ることですが、カーポートの屋根の平板が割れて飛散していました。

N様邸は1枚だけの飛散でしたがすべて飛んでしまっているお宅がたくさんありました。
貝塚市のカーポートのアクリル板からポリカ平板に張替え
N様邸のカーポートは、昔多く使用されていたアクリル板です。当時は耐久性があるとうたわれていましたが、経年で細かいひび割れができてしまい、衝撃を受けると割れてしまいます。ですので、張替え工事の時には衝撃に強いポリカーボネート製の平板を使用します。
N様には屋根と外壁塗装のご相談もございましたので、台風被害とは別でご提案させていただくことになりました。

「屋根をしっかりと応急処置してもらったので、工事まで安心して待つことができます。ありがとう」

雨漏りの心配が無くなってよかったです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。