和泉市のプレハブの事務所の外壁張替/ガルバリウム鋼板でご提案しました


和泉市の事務所の外壁張替の現地調査
和泉市の外壁張替の現地調査の様子をお伝えします。
「事務所の外壁が傷んで剥がれてきてるので、張り替えを考えてるんです。サイデイングを張るとか、材質は何でも構わないので見に来て見積もりをいただけますか?」とのご相談でした。

ご相談があった事務所はプレハブで化粧ボードの外壁でした。
プレハブとは、建築部材を工場で生産・加工して現場で組み立てる建築方法、またはその建築物の事を言います。
外壁材が剥がれてきているということでしたが、幸い雨漏りはしていないとのことでした。
和泉市の事務所の化粧ボード壁がめくれてきています
外壁の化粧ボードは経年劣化で表面の塗膜が傷み、水が廻って反り返ってきていました。
化粧ボードの表面に施した塗装が健全であれば、水を弾いてくれるので防水できますが、塗膜が劣化してくるとボードが水を吸い込んでしまうので、濡れたり乾いたりを繰り返すうちに少しずつボードが反ってきてしまいます。
和泉市の化粧ボードの外壁の釘が抜けています
また、ボードを固定している釘が抜けている箇所がありました。これは外壁の反る力に負けて釘が緩み、抜けてしまったようです。
このように継ぎ目の部分で大きく隙間が開くと、その部分から雨水がボードの内側に廻り、劣化を進めてしまいます。また、雨漏りに繋がる可能性もあるので、早めに業者に相談しましょう。
和泉市の化粧ボードの外壁の下端が浮いています
外壁の反りは下端で多く見受けられました。
一階の外壁の下端は跳ね返りの雨水で濡れやすいですし、上から流れてきた雨水は下に下に流れていくので劣化が早くなってしまったようです。
和泉市の事務所の窓の上の壁が浮いています
他にも窓の上の壁が浮いてきている箇所がありました。
窓周りは雨水が浸入しやすいので取り合いの防水性能が落ちていると心配です。
和泉市の事務所の換気扇のフードカバーが破損しています!
換気扇のフードカバーも経年劣化で破損していました。
これでは雨水が入ってしまいますし、見た目も良くありません。
和泉市の事務所にガルバリウム鋼板へ張替えのご提案
今回は、錆びに強く耐用年数の長いガルバリウム鋼板への張り替えでご提案させていただきました。
ガルバリウム鋼板の耐用年数は、都市部で使用した場合、約25年、海沿いなどの塩害のある地域でも約15年の耐用年数があると言われています。(設置条件によって異なります)
破損した換気扇のフードカバーも計5箇所交換での提案です。
外壁がきれいになって、フードカバーが古いままだと仕上がりに影響しますし、外壁を張り替える際にフードカバーを取り外す必要があるからです。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根はもちろん、外壁の塗装・張り替えなども行っておりますので、この記事をご覧になって気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の屋根の葺き土もすべて撤去します

忠岡町の屋根葺き替え工事で屋根の瓦や葺き土の撤去、下地の野地板張りからルーフィング敷きまでをまとめてご紹介します。T様邸の屋根は茶色の釉薬瓦で、台風21号で屋根に被害があり、雨漏りも発生しました。今後の台風や地震の影響のことを考え、お子様に...........

忠岡町の屋根を葺き替えます

忠岡町のT様より「台風で屋根の瓦が割れたりしているので屋根の葺き替えなどの相談にのってくれませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いし、屋根を葺き替えることになりました。

和泉市の波板に変形や変色が見られます

和泉市の波板張替え工事のご紹介です。T様邸は台風21号で自宅の雨樋が破損し、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。その時のご相談で、カーポートの波板が古くなってきているのですべて張替えてほしいとのご希望でした。