和泉市の洋瓦の棟瓦が飛散し屋根に落ちて地瓦が割れていました


和泉市の台風被害に遭った屋根などの調査の様子をご紹介します。
台風の強風でテレビのアンテナが倒れて瓦が割れるなどの被害に遭ったとのご相談で、屋根の上に上がって調査を行いました。
和泉市の台風被害の現地調査
M様邸の屋根はオレンジの洋瓦で、棟(屋根の頂点の水平部分)の瓦がバラバラに飛散してしまいました。かろうじて残っていた棟瓦は、漆喰が剥がれている状態で、ズレていました。さらに、飛散した棟瓦が屋根面に落ちて、地瓦が割れる二次被害も引き起こしている状態でした。

調査状況

和泉市の屋根のアンテナが倒れています
下から見ても見えましたが、屋根の上に上がると、テレビのアンテナが横倒しになっていました。
このアンテナは使用していないので、そのままにされていました。
和泉市の屋根の棟瓦が飛散しています
棟瓦も強風に煽られてバラバラに飛散していました。
棟瓦とは屋根の頂点の取り合い部に施工する瓦のことで、M様邸は冠瓦のみの形状でした。
棟に下地木材を設置し、そこにビスを打ち付けて銅線を通して棟瓦を固定する工法ですが、銅線が切れて瓦が飛散してしまいました。
和泉市の棟巴も飛散
棟の一丸端の先端に施工している棟巴と言う役物瓦も飛散していました。
瓦が飛散したことで、下地の葺き土がむき出しになっています。このままでは雨水が浸入しますし、土が流れてしまい下にある瓦がズレる原因になります。
和泉市の棟の漆喰が剥がれ落ちています
かろうじて棟に残っていた冠瓦は取り合いの漆喰が剥がれ落ちていました。
漆喰は雨水の浸入を抑えるとともに、瓦を固定する役割があります。
和泉市の棟瓦が散乱しています
強風で飛散した冠瓦が屋根面に落下し、散乱していました。
台風の後のご相談では、めくれた瓦が屋根の上に残っていて落ちそうで危険なので撤去してほしい、とのお問い合わせが多数ございました。
和泉市の瓦が割れています
飛散した瓦が屋根面に落ちて、地瓦(屋根面で使用する瓦)が割れる二次被害を引き起こしていました。
和泉市の瓦がボロボロです
このように、瓦が割れてボロボロになっている箇所が数カ所ありました。
地瓦は、屋根に落ちてきた雨水が通る経路ですので、割れると流れてきた雨水が内側に浸入してしまいます。そのため、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
念のため、小屋裏を確認しましたが、木部の腐食などは見受けられませんでした。
和泉市の雨樋が変形しています
玄関屋根の上に取付けている軒樋(雨樋)も変形していました。
軒樋は、雨水を竪樋に送るために勾配を付けていますが、この樋は端が下がってしまい、雨水が溢れている状態です。
樋は工事の際に交換することになりました。
和泉市のテラス屋根が飛散
1階のテラス屋根の平板も割れて飛散していました。
この平板はアクリル製で、経年で割れやすくなってしまいます。新しく使用するのは衝撃に強いポリカーボネート製になります。
和泉市の波板も飛散
同じく1階のテラスの波板も割れて飛散していました。
こちらは塩ビ製の波板で、アクリル板と同様に経年で破損しやすくなりますので、ポリカ波板に張り替えることになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市のガレージの棟から雨水が入ってしまいます

和泉市のガレージの屋根の修理です。台風で屋根の波型スレートが割れて穴が開き、雨漏りしたのでご自身で上から波板を貼って応急処置されていました。角棟の役物も数枚飛散し、隙間があいているのでそこからまだ雨水が浸入するとのことで、修理にお伺いしまし...........

泉佐野市の棟包みを撤去して板金で包みます

泉佐野市の屋根修理のご紹介です。T様邸は台風で棟包みが飛散し、隙間が空いてしまいました。ご相談があった住宅には現在お住いされておらず、物置として使用しているので、簡単な修理ができたら、とのご希望です。

泉南市のO様邸の釉薬瓦の搬入

泉南市の降り棟の修復工事です。台風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟の瓦が崩れて地面に落下してしまいました。棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。対して降り棟は、軒先方向に斜めに降りている棟を指します。どちらも屋根同士の取り合いになるので、雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747