泉南市で台風の影響で瓦の割れや棟が崩れるなどの被害がありました


泉南市の屋根や波板の現地調査
泉南市の台風被害に遭った住宅の現地調査のご紹介です。

T様邸はシルバーの釉薬瓦で、降り棟が一部崩れて地瓦も数枚割れていました。他、漆喰の剥がれやテラス屋根の波板の飛散などの被害も発生していました。

以下、詳しい現地調査の様子をお伝えします。
泉南市の降り棟が一部崩れています
屋根の被害状況です。

降り棟(屋根の流れに沿って軒先方向に降りる棟)が一部崩れていました。
棟とは屋根の頂部の山状になった部分のことで、屋根面の取り合いになりますので、必ず隙間ができてしまいます。使用している屋根材によって異なりますが、瓦屋根の場合、のし瓦という四角くて平らな瓦を数段積み上げて一番上に半月型の冠瓦をのせて仕上げています。
屋根面よりも高くなっているので強風が吹いたり、地震の揺れで写真のように崩れることがあります。
泉南市ののし瓦が割れています
大棟(屋根の頭部の水平になった部分)は、崩れていませんでしたが、のし瓦が1枚割れていました。

台風21号では、大棟が崩れて瓦が落下し、下の屋根の地瓦(屋根面で使用する瓦)も割れてしまう、というケースが多くみられました。
棟瓦は、雨水を下に流すようにのし瓦で勾配をとって調整して積みあげていますので、誰でも施工できるわけではありません。また、棟をすべて解体して新たに積み上げると費用も多く必要になりますので、被害箇所のみを修復する方法をとることが多いです。(劣化状況にもよります)
泉南市の瓦が割れています
地瓦も数枚割れており、防水テープを貼って応急処置されていました。
地瓦が割れて隙間が空くとそこから雨水が入り込んで雨漏りすることがあります。防水テープは強力なものもありますが、永久的ではありませんので、必ず修復しましょう。
泉南市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれてきていました。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めたり、瓦を接着する役割がありますので、剥がれたまま放置すると屋根の劣化を進めてしまいます。
泉南市の巴瓦の下の漆喰の剥がれ
軒巴瓦の下の漆喰も剥がれていました。
軒巴とは降り棟の軒先に使用する瓦のことです。他にも、棟の先端で使用する棟巴などがあります。
泉南市のテラスの波板がすべて飛散
屋根の他に、2階のテラス屋根の波板もすべて飛散していました。
張替工事では、ポリカーボネート製の波板を使用します。
ポリカ波板は柔軟性がある上に強度もありますので、割れによる飛散の心配はありません。
泉南市のカーポートの波板も割れています
カーポートの波板も一部割れていました。
この波板は塩化ビニール製(塩ビ波板)でなので経年で割れやすい状態になっていました。塩ビ波板は古くなると硬くなってきて強風でも割れることがあります。
割れた瓦を差替えて、崩れた降り棟を修復し、一部漆喰の詰め直しのご提案をさせていただきました。
被害箇所やその周辺の瓦もズレ防止のコーキングを充填するなど、強風対策も行います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の外壁・基礎に発生したクラックを補修

貝塚市で行う耐震工事の中の外壁と基礎に発生したクラック(ひび割れ)の補修の様子をご紹介します。I様邸はこの耐震工事で屋根と外壁を塗装し、ベランダ防水、耐力壁の設置、内装改修などを行います。

貝塚市のベランダのひび割れをカッター切りします

貝塚市のベランダ防水のご紹介です。I様邸のベランダは、モルタル仕上げの笠木にひび割れが生じ、下のお部屋の天井に雨漏りが発生しました。先にひび割れや劣化箇所をきちんと補修し、防水の工程に入ります。

貝塚市のベランダの笠木の周囲にひび割れが生じています

貝塚市のI様邸は屋根や外壁塗装、内装改修、耐力壁設置などの耐震工事を行うことになりました。その中のベランダ防水に伴うひび割れ補修の様子をご紹介します。工事着工日までの間にベランダの下にあるキッチンの天井に雨漏りが発生したとご連絡があり、速や...........