貝塚市の棟の銅線が緩んで冠瓦が飛散!瓦を戻して応急処置しました


貝塚市の瓦の飛散などの調査
貝塚市の屋根点検のご紹介です。
「台風21号で屋根の瓦がめくれたんです」とお問い合わせいただき、修理のお見積りを出させていただくための現地調査にお伺いしました。
M様邸は2階建ての住宅で和瓦の屋根です。屋根に上がって点検すると、棟の冠瓦(一番上に施工する瓦)が3か所で飛散していました。
棟とは屋根と屋根とが合流する部分のことです。
貝塚市の降り棟の冠瓦が飛散

屋根の被害状況です。
降り棟(軒先に向かって下りる棟)の冠瓦が数枚めくれて飛散し、下の屋根に散らばっていました。

飛散したのは一番上の冠瓦のみで、棟自体にズレなどは見受けられなかったので、修理の際は冠瓦の復旧だけですみそうでした。
棟を積み直すとなると、費用がかかってしまいますので被害が少なくてよかったです。
貝塚市の屋根の上に飛散した瓦が残っています

棟の瓦は3か所で飛散していましたが、飛散した瓦はすべて屋根の上に残っており、割れていなかったので再利用できます。

台風後、和瓦が不足している状態ですので、再利用できると安心ですし、その分費用も抑えられます。
貝塚市の棟の銅線が緩んで瓦が飛散
棟は屋根面よりも高い位置にありますので、風や地震の揺れの影響を受けやすい箇所です。
そのため、銅線などを通して躯体と繋げて固定しているのですが、経年で銅線が緩んできます。
そうなると、瓦が不安定になり強風でズレたり飛散してしまいます。
貝塚市の棟の銅線が切れています
銅線が傷んでくると、切れてしまうことがあります。
銅線が緩んでいるところに強風が吹いて瓦が動き、その時の力で切れたり、劣化して切れることもあります。
どちらにしても、復旧時には新しい銅線を使用してしっかりと留め直す必要があります。
貝塚市の棟の銅線が緩んでいます!
この降り棟の瓦は飛散していませんが、銅線が緩んでいますので、修理工事の際に締め直しておくと安心です。
貝塚市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれていました。
漆喰は瓦同士を繋げたり、隙間から雨水が入るのを抑える役割がありますので詰め直す方が理想的です。
貝塚市の飛散した瓦をのせておきます
冠瓦が飛散したままでは下地の葺き土が雨で流れてしまいますので、元の位置に戻して応急処置しました。
貝塚市の瓦の固定
飛散した瓦を元の位置に戻してのせました。
これで雨水は入りませんが、のせているだけなのできちんと固定しないといけません。
街の屋根やさん岸和田店は、棟の積み直しはもちろん、固定なども承っておりますので、ご検討されているかたはお気軽にご相談くださいね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の屋根の葺き土もすべて撤去します

忠岡町の屋根葺き替え工事で屋根の瓦や葺き土の撤去、下地の野地板張りからルーフィング敷きまでをまとめてご紹介します。T様邸の屋根は茶色の釉薬瓦で、台風21号で屋根に被害があり、雨漏りも発生しました。今後の台風や地震の影響のことを考え、お子様に...........

忠岡町の屋根を葺き替えます

忠岡町のT様より「台風で屋根の瓦が割れたりしているので屋根の葺き替えなどの相談にのってくれませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いし、屋根を葺き替えることになりました。

和泉市の波板に変形や変色が見られます

和泉市の波板張替え工事のご紹介です。T様邸は台風21号で自宅の雨樋が破損し、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。その時のご相談で、カーポートの波板が古くなってきているのですべて張替えてほしいとのご希望でした。