泉佐野市の台風で飛散した瓦屋根の修理で葺き土も使用しました


泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。
A様邸の屋根は和瓦で台風21号の強風で瓦がめくれあがったり飛散するなどして2階のお部屋の天井に雨漏りが発生していました。雨が降るたびに雨漏りして大変お困りだったので、屋根を仮養生し、工事までの時間をお待ちいただきました。
泉佐野市の二階の洋室の天井に雨漏り発生
台風21号で2階の天井に雨漏りが発生し、その後の雨でも常に雨漏りされてお困りでした。
泉佐野市の二階の和室の天井にも雨漏り発生
雨が降るたびに雨漏りすると気になりますし、カビの発生や建物の木部の腐食など心配が尽きません。
早急に応急処置させていただき、本復旧工事を行いました。
泉佐野市で足場を設置
工事で使用する足場を設置しました。
A様邸は大屋根(一番高い屋根)に被害があり、更に軒先の瓦の修理が必要で、軒樋の破損などもあったため、足場を全周組ませていただきました。
泉佐野市の屋根の養生を撤去します
工事までの間、雨漏りから守っていた仮養生のシートや土のうを撤去しました。
養生のシートなどを撤去するだけでも数が多いと大変な作業になります。
泉佐野市のアンテナが倒れて棟の瓦が飛散
屋根の上で横倒しになったテレビのアンテナは使っていないとのことで先に撤去させていただきました。

棟の冠瓦が数枚飛散していたので新しい瓦で復旧します。
棟とは屋根の頂点の山状になった部分のことで、瓦を積み上げて雨仕舞しています。
泉佐野市の棟に葺き土をのせて瓦を復旧
棟の一番上に施工している冠瓦が飛散していたので復旧します。
棟は屋根の高い位置にあり地震や風の影響を受けやすいので銅線などで固定されています。その銅線が傷んで緩んだり切れたりすると棟の崩れの原因になります。また、瓦は葺き土と呼ばれる湿った土で繋いでいますので、その葺き土が乾燥して痩せてきてもズレの原因になることから、新しい葺き土をのせて瓦を密着させました。
泉佐野市の棟をコーキングと銅線で固定
瓦が飛散した部分に新しい葺き土をのせて冠瓦を密着させました。
また今回のような台風が来ないとも限らないので、念のため一部コーキングを充填して固定しました。
コーキングを端から端まで充填すると雨水をせき止めてしまいますので一部だけに充填することが大切です。
泉佐野市の棟全体を処置しました!
先ほど、棟は銅線などで固定されているとお伝えしましたが、棟全体を銅線とコーキングで固定しなおしました。
飛散した部分を修理したけど、次は他の箇所が飛散した、ということにならないように棟全体をメンテナンスしました。
泉佐野市の瓦が割れています
屋根の高い所から落ちてきた瓦がぶつかり平場の瓦が割れていました。
この部分は応急処置で瓦を差替えていましたが、下地の土をのせて固定します。
泉佐野市の屋根に葺き土をのせて瓦を復旧します
一度瓦をめくって葺き土をのせて密着させました。
葺き土は初めは粘り気がありますが月日と共に乾燥してきます。土が乾燥すると、瓦が動きやすくなり風や地震の影響でズレることがあります。
泉佐野市で葺き土をのせて袖瓦を復旧

袖瓦が飛散している箇所にも下地の土をのせて復旧します。

袖瓦は屋根の端にあり、一番上になっている瓦ですので動きやすい状態です。銅線や釘などで固定されていますが、昔の屋根の場合、固定されていないことがあります。
今回の台風鵜でもこの袖瓦が飛散している建物がたくさんありました。
泉佐野市の袖瓦をコーキングで固定
破損した袖瓦を復旧し、今後のことをふまえて上から下までコーキングで固定しました。
泉佐野市の軒先の瓦から復旧します
飛散した軒先側の瓦は新しい瓦で復旧します。
軒先の瓦から順に重ねて復旧していきます。
泉佐野市の瓦が大量にめくれ上がっています
台風の強風でめくれ上がった瓦は、割れた分を他の被害箇所付近の瓦と差し替えて並べ替えて応急処置していましたが、並べただけだったので、葺き土を用いてしっかりと密着させました。
泉佐野市の瓦をコーキングで固定
念のため、平場の瓦もコーキングで固定しておきました。

これで屋根の修理完了です。
台風で雨漏りが発生し、不便な思いをされましたが、これで安心して暮らせますね。

次は飛散した軒天井板の張替等の様子をご紹介します。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の修理や葺き替えなども承っておりますのでご検討されている方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。