泉佐野市の劣化して抜け落ちた目地シーリングを打ち替えて防水します!


泉佐野市の外壁シーリングがほとんど無い状態です
泉佐野市の外壁のシーリングを打ち替えます!
泉佐野市の木造・サイディング張りの住宅で一階の洗面所の天井に雨漏りが発生し、現地調査にお伺いすると、サイディングの目地(継ぎ目)を防水しているシーリングが劣化して割れや剥離などの症状が出ていました。
中でもシーリングがごっそりと抜け落ちている箇所があり、雨水が浸入してしまう状態でしたので、早急に打ち替えの処置を行うことになりました。

サイディングにはパネル同士の継ぎ目を防水するために必ずシーリングという弾力のある防水材を充填しています。
このシーリングの劣化(ひび割れなど)を放置し続けると、どんどん劣化が進行し、継ぎ目から雨水がサイディングの内側に浸入する事態に陥る可能性があります。そうなると、雨漏りに発展することもあれば、躯体の木部を腐食させてしまうなど、建物の耐久性にも関わってきますので、そうなる前に打ち替えなどのメンテナンスが必須となります。
泉佐野市で足場を設置します
今回はシーリングの劣化が進んでいることから、雨漏り箇所に関わっている部分だけでなく、建物の目地全てを打ち替えます。そして、サッシ回りや庇などの外壁に付帯する部分に施しているシーリングも打ち替えます。

外壁の目地は建物の2階から下まであり、建物の目地をすべて打ちかえるとなるとかなりの本数になります。また、高所での作業となりますので、外壁の周りに作業用の足場を設置させていただきました。

足場を建てた時に屋根や外壁の塗装の時期に来ていれば、同時に塗装も行うほうが足場の費用がかさまなくていいのですが、今回は雨漏りを止める工事を優先して、シーリングの打ち替えのみを行うことになりました。

泉佐野市の外壁既存のシーリングを撤去します
足場を建ててシーリング工事スタートです。
まずは、劣化している既存のシーリングをすべて撤去します。
傷んで剥離してきている既存のシーリングの上に新しいシーリングを充填しても、下にあるシーリングがしっかりと密着していないので、またすぐに剥がれてきてしまいます。
ですので、先に既存のシーリングを撤去してから新しいシーリングを充填します。
泉佐野市のサッシ回りのシーリングも撤去
サッシ回りや庇回り、換気口の周りなど、外壁に付帯している部分のシーリングも全て撤去します。

既存のシーリングの上から新しいシーリングを打ち増しする方法もありますが、そうなると新しく充填したシーリングに適正な厚みを持たせられないので、本来の機能を発揮できず長くはもちません。ですので、シーリング工事は打ち替えすることがほとんどです。
before1
泉佐野市のシーリングがボロボロです!
こちらは庇の上のシーリングです。
目地を含めて、シーリングが切れて痩せてきてボロボロになっています。

シーリングは紫外線や雨風、気温の変化などにさらされるうちに必ず劣化します。できるだけ症状が悪化しないうちに打ち替えなどのメンテナンスをすると外壁自体も長持ちします。
horizontal
after1
泉佐野市の目地をマスキングテープで養生
劣化した既存シーリングを撤去して、目地の両サイドにマスキングテープを貼って養生しました。
この後に充填するシーリング材がはみ出して外壁を汚してしまわないように、必ずマスキングテープを貼ります。
また、マスキングテープを貼ると断面がきれいに仕上がります。
泉佐野市の外壁の目地にプライマーを塗布します!
依存のシーリングを撤去してマスキングテープで保護した後、目地の溝の中にプライマーを塗布します。
プライマーは接着剤の役割がありますので、塗りムラがあるとその部分だけ密着が弱くなり、剥離の原因になるので、刷毛を往復させてまんべんなく塗布することが大切です。
泉佐野市のサッシの下端にも丁寧に塗布
サッシ回りや下端などにも丁寧に塗布していきます。
今回、シーリングがごっそりと抜け落ちいている部分がありましたが、劣化が原因の場合の他に、このプライマーの塗りムラや薄塗り、またはプライマー自体塗っていないなどが原因の事もあります。それくらいプライマーの工程は重要なのです。
泉佐野市の外壁目地にシーリング充填!
プライマーを丁寧に塗布してから目地の溝の中にシーリングを充填していきます。

塗装工事と同時にシーリングを打ちかえる場合は先にシーリングを打ちかえてから塗装します。それは、上から塗装することでシーリングが紫外線に直接当たるのを防ぐためです。今回のように塗装しないでシーリングの打ち替えのみの場合は、塗装時の打ち替えとは違う、紫外線に強いタイプのシーリングを使用します。

泉佐野市の雨戸の戸袋回りも防水!
シーリングを充填しただけでは仕上がりが汚くなりますし、溝の中に空洞ができてしまいます。ですので、多めにシーリングを充填しておいて、後でヘラで押さえて奥まで押し込んで仕上げます。
泉佐野市の庇の上にシーリング充填
せっかく充填したシーリングに中で空洞ができてしまうと断面にしっかりと密着せず剥がれてくるので、ヘラでしっかりと押さえつけて奥まで充填します。
泉佐野市のシーリングをヘラで押さえて打ち替え完了
ヘラで押さえて表面をきれいに均しました。
ただ均すだけでなく、しっかりと押さえ込んだので密度の高い仕上がりになっています。
シーリングを充填してヘラで押さえた後、シーリングが乾ききる前にマスキングテープを剥がすと断面がきれいに仕上がります。シーリングが乾いてからマスキングテープを剥がすとテープにシーリングがくっついてきて取り合いが汚くなります。
泉佐野市のシーリングをヘラで押さえて打ち替え完了
泉佐野市のシーリングをヘラで押さえて打ち替え完了
今回は雨漏り修理でシーリング打ち替え工事を行いましたが、同時に塗装も承っております。
また、「日当たりのいい面のシーリングだけが傷んでるんだよね~」など、部分的な修理も可能ですので、まずはお気軽にご相談下さいね。

ご相談・お見積り・点検は・・・街の屋根やさん岸和田店へ!0120-169-747まで。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。