オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のコンクリート外壁に発生した構造クラックの補修をご紹介!


岸和田市のコンクリートの外壁にひび割れが多数あります
岸和田市の鉄筋コンクリート造の住宅で雨漏りが発生し、外装のメンテナンスを行うことになりました。
前回までに陸屋根の防水工事をご紹介しました。(※詳しい工事の様子は前回までの記事をご覧になってください)

Y様邸は玄関正面の外壁はタイル貼りで、そのほかの壁はコンクリートです。
タイルの部分は一部目地が割れて浮いてきており、落下する危険性があったので、貼りかえることになりました。
コンクリート壁に発生したクラックは、幅が広く簡単な処置では済まされないものでしたので、エポキシ樹脂モルタルという強固な補修材を用いての修理となります。
今回は、コンクリートの外壁に発生した、クラック(ひび割れ)の補修をご紹介します。
岸和田市の外壁の大きなクラックです
こちらがコンクリート壁に発生したクラックです。
クラックの種類は大きく分けると、髪の毛ほどの細さのヘアークラック(幅が0.2㎜以下)と構造クラック(幅が0.3㎜以上深さが5㎜を超えるもの)があります。
ヘアークラックは外壁材のひび割れではなく、外壁の表面に施された塗料が経年劣化で硬化して割れてくる現象なので、早急に処置する必要はありませんが、外壁の塗り替えの目安となります。
岸和田市の外壁の構造クラック
反対に、構造クラックは外壁自体が歪んでしまうことが原因で生じているひび割れですので、そのまま放っておくとさらにひび割れの幅が広がり、深くなっていく恐れがあります。
最悪の場合、雨漏りに繋がったり、ひび割れた部分から外壁が崩れてくる可能性がありますので、早急の処置が必要となります。
Y様邸の外壁はこのような構造クラックがいくつもあり、きちんと修理することになりました。
岸和田市の外壁の構造クラック
クラックは外壁や基礎の劣化の症状のひとつで、放っておくとひび割れから雨水などが浸入し、建物内部を傷めてしまう可能性があります。
岸和田市の外壁の構造クラック
構造クラックを放置すると、強度が低下し建物を支えられなくなる危険性が出てきますし、地震などの揺れが起こった時にクラックが動くことがあるので、危険性の高い構造クラックは、適切な補修が必要となります。
岸和田市の外壁のクラックをカッター切りします!
それでは、今回行うクラック補修を分かりやすくご紹介します。
まずは電動カッターで、クラック面に沿って切り込みを入れていきます。

「えっ!ひび割れを更に広げて大丈夫なの?」
と心配されるかもしれませんが、ひび割れ面を広げることにはとても重要な意味があるのです。

岸和田市のクラックをカットすると入り口が広がります
構造クラックは深さが5㎜以上と深いひび割れとなります。
ひび割れの奥まできちんと補修するために、補修材を詰め込む入り口となるクラックの表面を広げることで、補修材が詰めやすくなります。

補修材はエポキシ樹脂モルタルという軽くて付着性のある、強い補修材を使用します。
岸和田市の外壁で樹脂モルタルを奥まで充填します!
クラック面をカッター切して広げた後、エポキシ樹脂モルタルを詰めて補修します。
先ほどもお伝えしたように、エポキシ樹脂モルタルは付着性が高いので、一度密着するとよほどの力が掛からない限り剥がれることはありません。


岸和田市のクラックの溝の奥までしっかりと掃きだします!
カッター切りしたクラックの溝の中を刷毛できれいに掃きだして清掃します。
電動工具でカッター切した時に溜まった粉塵を掃除しないで補修材を詰めてしまうと、粉塵に補修材が密着し、せっかく詰めた補修材が粉塵と一緒に剥がれてくる恐れがあるからです。
岸和田市のクラックの溝にプライマーをムラなく塗布します!
クラックの溝の中をきれいに掃きだしてから、プライマーという接着剤のような塗料を塗布していきます。
プライマーは補修材を更に強固に密着させるものですので、ムラなく丁寧に塗布することが大切です。
岸和田市の外壁クラックに樹脂モルタル充填
プライマーを溝の奥の方まで塗りムラなく塗布した後、エポキシ樹脂モルタルを充填していきます。
ヘラですくって奥まで押し込むように充填していきます。
岸和田市のクラックに樹脂をヘラで押さえて奥まで押し込みます
ただ溝を埋めるだけでは、クラックの奥の方が空洞になってしまいますので、ヘラで押さえてしっかりと押さえて充填します。
岸和田市の外壁のクラック補修完了です
ヘラで押さえつつ表面を整えてクラック補修完了です。

住宅の耐震性が重視されている中、建物の基礎や外壁にひび割れがいくつもあると不安になりますよね。
今回ご紹介した以外でもひび割れには様々が種類があり、それぞれ補修方法も異なってきます。また、早急に処置したほうがいい場合とそうでない場合がございますので、まずは業者に見てもらうといいでしょう。

街の屋根やさん岸和田店は、外壁の点検なども行っておりますのでお気軽にご相談くださいね。

街の屋根やさん岸和田店 0120-169-747まで。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の色褪せた外観

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。K様邸は3階建てで、この工事でスレート屋根と外壁の塗り替えを行います。外壁はサイディング張りで、全体的に色褪せている状態でした。サイディング自体の防水性も低下していますが、サイディングの継...........

岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水

岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので...........

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています

岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベラン...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747