オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の台風で剥がれたカラーベストと棟板金の復旧工事


貝塚市M様邸の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸はカラーベストという平らな屋根材を葺いた屋根で、台風時の強風で棟に施工している板金がほとんど飛ばされてしまいました。また、カラーベストとその下にある防水シートも一部剥がれてしまい、ブルーシートで応急処置されていました。台風の直後に家の周囲に落ちていた板金を集めて保管されていたので、再利用できる板金は使って復旧することになりました。
貝塚市の棟板金が飛散しています
屋根の被害状況です。
下から見ると、降り棟の板金が飛散していました。
棟とは屋根の三角になった頂点部分のことで、降り棟は軒先へ向かって流れる棟のことです。いずれも屋根面同士の取り合い部ですので、隙間があり、板金を被せて雨仕舞(あまじまい・雨水が入らないようにすること)しています。その板金のほとんどが強風で飛ばされていました。
47bebe0673367dc70e03c7fed1bb4685-1-columns2
カラーベストと、その下に施工している防水シートも一部剥がれている状態でした。
カラーベストの屋根の場合、屋根材が剥がれてもすぐに雨漏りすることはありませんが、下にある防水シートが破損してしまうと雨漏りの原因になります。M様邸の屋根は防水シートまで大きく剥がれて屋根の野地板(下地板)が露になっていました。応急処置でブルーシートを掛けられて正解だったと思います。
貝塚市の屋根の野地板の端の方が少し濡れていました
「応急処置のブルーシートが後の強風で剥がれてきている」とのご相談でしたが、お話のとおり、シートをめくると野地板の端の方が少し濡れていました。雨の量が多いと部屋内に雨漏りしていたかもしれません。
貝塚市の屋根に防水シートを敷き奥まで差し込みました
破損したカラーベストを剥がして、ルーフィングという耐久性のある防水シートを敷きました。既存のカラーベストの下にルーフィングをできるまで奥まで差し込んで、しっかりと防水しました。これで雨漏りの心配はありません。
M様邸の屋根は急こう配ですので、足場にロープをくくりつけて角材を通して足場にしました。
貝塚市の屋根にカラーベストを釘留めします
ルーフィングでしっかりと防水してから、新しいカラーベストを下から順に釘留めしました。
上にカラーベストを重ねて張ることで、釘留めしている部分が隠れて水が入らない仕組みになっています。
貝塚市の棟には防水テープを貼りました
本来なら、ルーフィングを棟に渡して施工するのですが、反対側の屋根にはカラーベストが残っていますので、渡すことができません。そのため、棟部分に強力な防水テープを貼って防水させていただきました。
貝塚市の棟に貫板を取付け
続いて棟の板金を復旧します。
板金を取付けるための貫板と言う長い板を取付けました。
板金との隙間から少なからず雨水が染み込みますし、湿気などの影響で、貫板は日々劣化していきます。貫板が傷むと板金を固定している釘が効かなくなり、飛散する原因になrますので、すべて新しい貫板に交換することになりました。
貝塚市の棟に新しい貫板を取付けます
降り棟にも新しい貫板を取付けます。
今回の台風では、貫板が腐食して板金と一緒に飛ばされている住宅がたくさんありました。M様邸は屋根が急こう配で、修理の際には足場が必ず必要になりますので、この工事でできる範囲のことは施すことになりました。
貝塚市の棟に棟板金を取付けます
貫板を取り付けた後、棟板金を被せて取付けます。
貫板と板金とで雨水が棟の内側に入るのを防ぎます。
貝塚市の板金の継ぎ目はコーキングで防水
棟は長さがありますので、数枚の板金を繋ぎ合わせて施工します。
板金の継ぎ目から雨水が浸入することがありますので、継ぎ目にコーキングを充填して防水しました。コーキングを充填することで、防水でき、更に板金同士が繋がりますのでバラバラに飛散するのもある程度は防ぐことができます。
貝塚市の板金をしっかりとビス留めしました
板金を横方向からビス留めしました。
施工当初は釘留めされていましたが、釘が錆びつくと緩んで抜けてきて板金が飛散する可能性が高くなりますので、抜けにくいビスでしっかりと固定させていただきました。
貝塚市の板金の上からもコーキングを充填して防水しました
板金を取付けて、継ぎ目の上にもコーキングを充填して二重に防水しました。
飛散した板金で使用できるものは再利用し復旧しました。
貝塚市の棟板金復旧完了
数本の棟が合流する「かき合い」部分にもコーキングを充填してきちんと防水!
破損したカラーベストと棟板金の復旧完了です。
棟は自然災害の弱点になりやすい箇所です。もし気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

貝塚市の棟板金が飛散しています

2020/01/09/ 貝塚市の台風で剥がれたカラーベストと棟板金の復旧工事

貝塚市M様邸の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸はカラーベストという平らな屋根材を葺いた屋根で、台風時の強風で棟に施工している板金がほとんど飛ばされてしまいました。また、カラーベストとその下にある防水シートも一部剥がれてしまい、ブルーシ...........

貝塚市の棟板金とカラーベストのご相談

2020/01/08/ 貝塚市の急こう配の屋根の調査でカラーベストと防水シートが破損

貝塚市のM様より「台風で屋根に被害があり、何とか自分でブルーシートをかけたんですが、そのシートも剥がれてきて3か月くらい経つんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747