泉佐野市の雨漏り調査/サイディングの目地シーリングがほとんど無い状態でした!


泉佐野市の洗面所の天井に雨漏りしています!
泉佐野市の住宅で一階の洗面所の天井に雨漏りが発生しいたというご相談があり、現地調査にお伺いしました。
今回は雨漏り箇所が一階で、二階部分には雨漏りしていないので、屋根以外に雨漏りの原因がある可能性が高いです。
まずは、外壁から調査をすることになりました。
K様邸はカラーベスト(平型化粧スレート)の屋根でサイディング(パネル状の外壁材)の外壁です。
遠目でみると、塗膜がだいぶ劣化しているなぁ、という印象でした。
次に外壁の目地の状態を確認すると、目地を防水しているシーリングの劣化が激しく、建物全体の防水機能が低下している状態でした。
泉佐野市の外壁目地のシーリングがボロボロです
サイディングには必ずパネル同士の継ぎ目(目地)があり、その部分を防水するためにシーリングを充填しています。

シーリングは施工した当初は弾力がありゴム状ですが、劣化すると硬くなりひび割れてきます。
K様邸の目地のシーリングは写真の通りかなり劣化し、ひび割れ、剥離している状態でした。
泉佐野市の外壁の目地シーリングが剥がれています!
この部分のシーリングは剥離して一部ごっそりと剥がれてしまっていました。
これでは目地としての機能が果たせません。
シーリングが劣化してくると、サイディングの収縮に耐えられなくなり、端から剥離してきます。
また、シーリングを充填する時に先に塗布するプライマー(接着剤のようなもの)を塗っていなかったり、塗りムラがあったり、薄塗りだった場合でもこのように剥離することがあります。
泉佐野市の外壁シーリングがほとんど無い状態です
写真のように、シーリングがほとんど無い部分もありました。シーリング自体が抜け落ちているので、確実にサイディングの内側に雨水が浸入していますので、いつ雨漏りが起きてもおかしくない状況と言えます。
泉佐野市のサッシ回りのシーリングも傷んでいます
サッシ回りに充填しているシーリングも劣化して断面から剥離したり切れたりしていました。
サッシ回りからの雨漏りの浸入を防ぐためにシーリングは不可欠で、そのシーリングが傷むと雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
泉佐野市の外壁目地から雨水が浸入
サイディングの目地シーリングが傷んで切れてくると、その部分からサイディングの内側に雨水が浸入してしまいます。
目地から雨水が浸入しても必ず雨漏りする訳ではありませんが、下地の木部を腐食させたり、外壁自体の劣化に繋がり、最終的に建物自体の耐久性に関わってきます。

サイディングの表面は塗装により防水機能を持たせていますが、内側は防水されていません。ですので、目地から雨水が浸入してサイディングの内側を濡らしてしまうと、サイディングが水を含み、その水分が蒸発して乾くときにサイディングが収縮します。その一連の動きを繰り返すうちにサイディングがどんどん反り返ってきてしまい、反りがひどいと割れることもあり、ビス留めなどの補修ができなくなり、最悪の場合張り替えなくてはいけない事態に陥ってしまうことがあります。
ですので、雨漏りしていなくても目地の劣化を放置せず、打ち替えなどのメンテナンスをすることが建物を長持ちさせることに繋がります。
泉佐野市の外壁の塗膜が劣化して色褪せています
K様邸の外壁の目地はかなり傷んでおり、外壁・屋根共に塗装の時期に来ていました。
表面の塗膜が劣化して色褪せ、汚れも目立ってきていました。
外壁や屋根の塗膜は紫外線や雨風、気温の変化などの状況下にあり、必ず劣化してきます。建物を劣化から守る(遅らせる)ためには、塗装などのメンテナンスが必要です。
泉佐野市の外壁のチョーキング
これはチョーキングといって塗膜の劣化のサインです。
外壁を手で触ると、粉状になって剥離してきている塗膜が手に付く状態の事をチョーキングと言います。
塗膜が傷んでくると外壁面から剥離してしまい、サイディングを雨水などから守れなくなります。そうすると、防水機能が低下したサイディングが雨水を吸収するようになり、反りなどが発生して、サイディング自体の劣化に繋がりますので、定期的な塗り替えが必須なのです。
泉佐野市の外壁のシーリングを打ち替えます!
今回の雨漏りの原因は、外壁の目地やサッシ回りなどに施したシーリングの劣化が原因だということで、シーリングをすべて打ち替えることになりました。
建物の状態からすると、同時に塗装も行うほうがいいのですが(足場を設置することもあり)、今回はとりあえず雨漏りが止まったらいい、とのことでシーリングの打ち替えのみの工事となりました。

もしあなたも、外壁の目地のことなどで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん岸和田店 0120-169-747 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。