熊取町のベランダにひび割れが発生し補修後にウレタン防水します


熊取町のベランダ防水の下地調整の様子をご紹介します。
I様よりご相談・お問い合わせをいただいたきっかけは2018年9月に発生した台風21号による風雨被害のことでした。カラーベストの屋根が野地板と一緒に一部風で飛ばされて雨漏りが発生し大変お困りでした。屋根の修理で足場を建てるならと、工事で足場が必要な屋根と外壁の塗装や、メンテナンス時期に来ていたベランダの防水工事も行いました。
熊取町のベランダを防水します
ベランダは外部にあることから、雨水が入らないように必ず防水処置されています。使用されている防水材は様々で、防水の工法もそれぞれ異なります。
I様邸の防水は防水層の上に保護モルタルを敷いている工法で、その保護モルタルが劣化してあちこちでひび割れが発生していました。保護モルタルが割れると、そこから雨水が浸入して、下にある防水層が傷んでいるとたちまち雨漏りしてしまいます。現状は雨漏りしていませんが、劣化の状態を踏まえて新しく防水層を形成する工事を行うことになりました。
熊取町のベランダの室外機は浮かせます
ベランダの防水は立ち上がりの壁を含めて床全体に施します。
ベランダにはエアコンの室外機がよく置かれていますが、仮に浮かせて工事します。今回は塗装のための足場を建てていたので、足場にロープを通して吊り下げました。
熊取町のベランダをきれいに清掃します
防水面になる床をきれいに清掃します。
先ほどもお伝えしましたが、ベランダは外部に面していますので、汚れやすい箇所でもあります。汚れの上から防水を施してもうまく密着せず浮きや剥がれの原因になりますのできちんと清掃することが大切です。
熊取町のベランダのひび割れにプライマーを塗布します
続いてベランダに発生したひび割れの補修を行います。
ひび割れに弾力のある防水材、シーリングを充填して補修しますので、シーリングをよりしっかりと密着させるためにプライマーという透明の接着効果のある塗料を塗布します。

熊取町のベランダの目地も防水します
保護モルタルのひび割れを少なくするため、あらかじめ目地を数本設けています。目地を設けておくと、ひび割れがそこに集中しますので、メンテナンスがしやすくなります。
その目地も割れていたので補修するため、プライマーを丁寧に塗布します。
熊取町のベランダにシーリング充填
プライマー塗布後、シーリングを充填します。
床面と立ち上がりの壁との取り合い部は弱点になりやすく、雨漏りの原因になることが多いので、シーリングを充填して先に防水しておきます。この上に新しい防水層を形成しますので、防水が二重になり、弱点箇所を補強できます。
熊取町のベランダの立ち上がりの壁からも雨水は入ります
立ち上がりの壁も割れていたのでシーリングを充填してきちんと防水します。
立ち上がりの壁からも雨水が入ることがありますので、ひび割れている箇所はすべてシーリングで補修します。
熊取町のベランダのひび割れや目地にも充填します
床面に発生したひび割れや目地にもシーリングを充填して防水しました。
劣化してひび割れた箇所を補修しないで防水層を形成すると、下地が割れていることになりますので、元も子もありません。ですので、補修が必要な箇所は先に防水することが大切です。
熊取町のベランダにカチオンクリート塗布
ひび割れを補修した後、下地の調整を行います。
カチオンクリートという下地調整材を立ち上がりの壁から順に刷毛でしごき塗りしていきます。
カチオンクリートは下地との密着性に優れており、この上に施工する防水層もしっかりと定着します。
熊取町のベランダの床面も下地を調整
カチオンクリートを床面全体に塗布し、下地を調整します。

カチオンクリートは薄塗りでも新しい下地を形成することができます。そのため、重量面で建物にほとんど影響を与えません。もし、モルタルなどで下地を形成すると、その分ベランダに荷がかかってしまいます。
熊取町のベランダ防水の下地を乾燥させます
カチオンクリートを塗布し、新しい下地を作りました。
劣化した下地の上に防水層を施工するよりも、新しく健全な下地の上に施工したほうがより長持ちします。
乾燥させてからウレタン樹脂で防水層を形成します。
ベランダは外部に面していますので、雨漏りの原因になりやすい箇所です。雨水から大切な住まいを守るためにも定期的にメンテナンスしましょう。

次はベランダの防水層形成の様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

熊取町で屋根材と野地板が一部飛散しました

2019/11/20/ 熊取町の台風で飛ばされたスレート屋根の部分修理で野地板も施工

熊取町のI様邸の屋根修理です。I様邸は化粧スレートと言う平型の薄い屋根材を葺いた屋根で、台風の強風で、屋根の一部のスレートと一緒に下地の野地板も飛散してしまいました。屋根に穴が開き、台風時には大量に雨水が浸入してきたとのことで、ブルーシート...........

熊取町の外壁塗装

2019/11/26/ 熊取町の付帯部の塗装でベランダの手すりに錆止めを塗布して塗装

熊取町の付帯部の塗装です。付帯部とは建物の屋根と外壁以外の部分のことです。例を挙げると、雨樋、軒天井、雨戸や戸袋、破風板、鼻隠し、水切りなどがあります。屋根や外壁の塗装時には足場を建てることがほとんどですので、その時にこういった付帯部も一緒...........

熊取町の屋根に構造用合板を張って屋根を復旧

2019/11/21/ 熊取町の台風で屋根の一部が飛ばされ雨漏りした屋根の復旧工事

熊取町のスレート屋根の一部修理です。スレートとは厚みが5mm程度の薄い屋根材のことです。2018年9月に発生した台風21号の強風で屋根のスレートと一緒に下地の野地板も飛散してしまいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の外壁塗装前に躯体補修を行います

岸和田市の外壁のひび割れを補修しました。K様邸はこの工事で雨漏り修理や軒天井修理、晒し葺きの屋根の葺き替えなどを行いました。そろそろ外壁の塗り替えの時期にきていたことから、最後に塗装を行うことになりました。

泉佐野市の陸屋根の軒天井の塗膜が膨れています

泉佐野市のドレン周りの防水です。台風被害に遭った屋根の修理中に、会社の担当の方より「陸屋根の軒天井の塗膜が膨れていているんですが、大丈夫でしょうか」とのご相談があり確認すると、陸屋根に落ちてきた雨水を排出するためのドレン(排水溝)周りが傷ん...........

忠岡町の屋根の点検と外壁シーリングのご相談です

忠岡町のサイディングの外壁の目地シーリングのご相談です。サイディングは、主な原料がセメント質と繊維質で、それらの材料を圧縮してパネル状に形成した外装材になります。大きさが決まったサイデイングを外壁に張り付けて施工しますので必ず継ぎ目が発生し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747